地方のシンプルさと都会のバリエーションを両取りする

今年は例年に比べて、地方に目を向けて仕事をする機会を増やしています。これまではあまり「地方」とか「地域」ということに真正面から取り組む仕事はやってこなかったのですが、日本が元気になるとか、少し大きな視点を持って仕事をしようとすると、絶対に外せない視点となってきます。

まだはじめたばかりなので、なにかちゃんとしたことはいえませんが、自分が感じた「地方」と「都会」で働くことの違いについて少しまとめておこうと思います。

今回は「地方のシンプルさ」という観点からです。

地方にいって感じることというのは、自然がきれいとか色々あるんですが、個人的に一番感じるのは「生活がシンプル」ということかなと思います。

シンプルというのは、要は「選択肢の数が多くはない」ということです。例えば、ご飯を食べに行くとしても、行くお店の数はそんなにあるわけではありません。これはネガティブに捉えれば「選択肢が少ない」ということかもしれません。でもポジティブに捉えると「生活がシンプル」なので、それはそれでとても生きやすいんですよね。

生活の時間帯や、お店、やることなどの外枠がある程度決められているので、その中で自分がやりたいことを選べば良いということになります。

一方、都会であれば、「パスタが食べたい」と思ったときに、「パスタが食べられるお店」だけで、選択肢がむちゃくちゃあります。しかも、どんな時間帯でもいくことができます。これを「選択肢が多くて良い」とも捉えられますし、「選択肢が多すぎていちいちめんどくさい」とも捉えられると思います。

ぼくはどっちがよいというわけではないのですが、都会から地方にいって少し生活をすると、

「限られた選択肢の中で、いちいち色々な選択肢に頭を悩ませるのではなく、目の前のことに少し長い目でコツコツ取り組む」

という雰囲気を感じます。

こういう雰囲気って、研究をする上でもすごく大切になってくるので、地方の雰囲気を感じつつ、自分の仕事をするというのはけっこいいなと思ったりしています。

都会にいると、常に複数の選択肢の中からスピーディーに選択して、次に進むということを、並列でいろいろやるという空気のなかで生活しているかんじがありますね。

今日は地方と都会について「シンプルさ」という視点から書きました。

地方と都会どっちがよいというのは特に感じるわけではなく、その人のライフスタイルにあったものを選べばよいと思います。

ぼく個人としては、「どっちもいいな」というのが正直なところで、「都会か?地方か?」ではなく、「都会と地方の両取りをいかに実現するか」という問いが個人的に一番ワクワクするなーと感じています。

これからどんどんと新しい働き方が出てくるでしょうから、自分自身もいろいろな経験をしながら、しっくりくる働き方をみつけたいなと思っています。

■舘野の近著はこちらです

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。よろしければ以下からご登録下さい。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

■学生向けのプロジェクトへの取り組み方に関するアドバイス

オンラインマガジンのかたちでまとめてあります。298円です。

高校生・大学生のための「ビジネスプランづくり超入門」:プラン・提案を考える上で絶対に押さえたい10のポイント
https://note.mu/tatthiy/m/m9a2982537694

【新聞掲載】三重県でのワークショップが新聞に取り上げられました

先日、三重県松阪市で、地元の企業15社に勤める若手社員35人に対して、仕事観について考えるワークショップをおこないました。その様子を新聞に掲載していただきました。このようなかたちで取り上げていただけるのは大変うれしいです。

・中日新聞 9月12日朝刊紙面
・夕刊三重 9月12日夕刊紙面

今回の研修では、書籍「アクティブトランジション」にも掲載している「社会人カードワークショップ」をベースに、仕事をする上で大事にしていることは何か?、自分以外の人が大事に仕事観とは?を考えてもらいました。

参加した若手社員のみなさんは、こういうタイプの研修ははじめてだったようで、最初は少し緊張しながら取り組んでいるようでした。ただ、徐々に雰囲気もやわらかくなり、自分が大事にしていることを熱心に話していました。

話している内容を聞いていると、今回参加してくれたみなさんは、

・仕事をする上では、ひとりで黙々と仕事をするだけでなく、相互にコミュニケーションをとって仕事をしたいこと
・前向きに自分の能力を向上させようとしている人と一緒に仕事をしたいこと
・過去の栄光についての話は1・2回は聞いてもいいけど、いま一緒になにができるかを大事にしたいこと

などが特徴かなと思いました。

あえて一文にするなら、若手社員のみなさんが仕事をする上で大事にしたいことは

「1人で閉じるのではなく、お互い一緒にコミュニケーションしながら、いまできることをやり、一緒に成長していきたい」

ということかと思います。これを聞いてどう感じるでしょうか。

ぼくはめっちゃいいなーと思いました。こういう若手社員がいきいきと働ける環境をどんどんとつくっていくことが大切なのだろうなと思いました。

今回の参加者は2年目から5年目くらいの人が参加していたと思います。ワークの最後に「3年後の自分」を考えるワークがあるのですが、そこでこんなことを話している人がいました。

「ぼくは現場で仕事をしているので、3年後は自分がひとりでその場を仕切れるようになっていないといけない。いまの同期たちと一緒に、それぞれがそういう役割を担えるように、みんなと一緒にがんばっていきたい。」

その彼は、こういう内容をかっこつけるわけでなく、等身大の言葉として語っていて、めっちゃいいなと感じました。

この彼以外も、3年後の自分を考えたときに、「周りから頼られる自分になる」など、自分だけでなく、後輩の存在などを意識した内容を書いているのがとても印象的でした。

アクティブトランジションのワークショップを、地方の若手社員向けにこのようなかたちでやるのは、たぶん自分にとってもはじめての経験でした。そもそも三重県にいくのもはじめてで、自分にとってもある意味で挑戦の多い今回の企画だったのですが、実際やってみてとてもよかったなと思いました。

なかなかスケジュールのやりくりは難しいのですが、「東京」だけでなく、「地方」にでていったり、「教える人に対する研修」だけでなく、実際の「若手社員や学生」を対象にした研修をしてみたり、自分の幅をさらに広げられるような挑戦ができるといいなと思っています。

今回の企画にお声がけくださった米山 哲司さん、松阪商工会議所の岸江さんはじめ、ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

今回実施したワークショップは、教材や指導案が書籍の中にすべて収録されています。商用利用でなければどなたでもご活用できるようになっておりますので、ご興味ある方はぜひご覧下さいませ。

社会人カードワークショップは、浜屋 祐子さん、田中 聡さんが中心となり開発しました。カードのデザインは三宅 由莉さん、岩田 花奈さんによるものです。

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 浜屋 祐子 吉村 春美 高崎 美佐 田中 聡 保田 江美
三省堂
売り上げランキング: 56,689

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。よろしければ以下からご登録下さい。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

若手社員はキャリア意識が低いから辞めるのか

若手社員の早期離職は、少しずつ大きな問題となってきています。私も研究として「教育機関から社会へのトランジション」を取り扱っていることから、この問題についてどのようにアプローチしたらよいのかと相談されることが増えてきました。

具体的には「若手社員にどんな研修をしたらよいのか?」など聞かれるのですが、このときになかなか困るなという思いがあります。

というのも、もちろん若手社員に対する研修も大事であるものの、実際の問題が「若手社員にあるのか」疑問に思うことも多いからです。

「若手社員に対する研修で何とかする」という方法は、前提として「若手社員の個人的な何かが足りていないから辞める」という想定を置いていると思います。もちろん、そういう部分がゼロではありませんし、何らかのアプローチをすることはできると思います。

しかし、そこにばかり注目していると、真の問題はどこにあるのかを見誤る可能性もあるだろうなと思っています。

早期離職の問題を若手社員の意識の問題だけに回収せずに、自分の組織が向かうべき方向を考えるきっかけにできるところは強いなと感じます。

研修もそのプログラム内の学習効果だけをみるのではなく、研修を通して組織を巻き込むなどができればさらに大きな効果を発揮するだろうと思います。

ただ、なかなかそこまでやれているところは少ないのかなと感じています。

今日は若手社員の離職について考えました。

若手社員向けのよい研修というのも大事だなと思いますし、効果はあるとは思うものの、そこにばかり注目してしまうと、真の問題を見落とすことになりかねないというのが今回の記事で書きたかったことです。

若手社員にとっても、会社にとってもハッピーなかたちについて考えていきたいですね。

「教育機関から社会へのトランジション」については以下の書籍で詳細を書いているので、こちらもよろしければご覧下さいませ。

 

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 浜屋 祐子 吉村 春美 高崎 美佐 田中 聡 保田 江美
三省堂
売り上げランキング: 22,557

「リーダーシップ教育のフロンティア」がHRアワードの書籍部門にノミネートしました

日本の人事部「HRアワード」の書籍部門で、「リーダーシップ教育のフロンティア」がノミネートされました!

日本の人事部「HRアワード」は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する、表彰制度。素晴らしい成果を残した企業人事部やHRビジネス企業、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールドの活性化を実現することを目的としています。

「リーダーシップ教育」という領域はけしてメジャーというわけではないですし、「高校・大学・企業」の3つの事例を扱った本書をこのようなかたちで選出していただけることは大変ありがたいことです。

これをきっかけに、またさらに多くの方々がこの本を読んで下さるとうれしいなと思います。

今回ノミネートされた17の書籍の中から、みなさまの投票で「最優秀」が決まるとのことです。もしよろしければ投票をお願いできませんでしょうか?投票は以下のサイトからできます。よろしくお願いします!

<投票ページ>
http://hr-award.jp/nominate2.php

リーダーシップ教育の理論背景を整理した上で、「高校・大学・企業」の具体的な事例を紹介し、さらに実践の工夫もまとめてあります。ご興味ある方はぜひご覧下さいませ。

画像をクリックするとAmazonのサイトに移動します。

【LINE@はじめました】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ以下から友だち追加よろしくお願いします!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!

アイスブレイクの効果は「関係性をほぐすこと」だけではない

授業や研修の冒頭にアイスブレイクをいれるのは定番になってきました。参加者同士のやりとりがある授業・研修も多いので、よいことかなと思っています。

ではそもそも「アイスブレイクをいれるメリット」というのはなんなのでしょうか?

これを聞くとよくでてくる答えは「お互いに仲良くなる」など、言ってみれば「関係性をほぐす」ことに関連するものが多いのかなと思います。

これ自体は別に間違っていないのですが、この効果があまりに注目されるがゆえに「私の授業・研修は仲良くなることが目的じゃないので、アイスブレイクはいれる必要がない」といった意見も時々聞かれます。

たしかに単なるアイスブレイクゲームだけをやっていたらそうなのかもしれませんが、これは少々もったいないことだと思います。

アイスブレイクは「関係性をほぐす」だけでなく、実は「頭をほぐす」という役割も多くあります。もう少し具体的にいうと、メインワークをするための「準備体操」として、「頭のモード」を切り替える活動になるわけです。

例えば、単に自己紹介をさせるだけでなく、「最近仕事であったちょっとよいこと」などを語ってもらうとしましょう。そうすると、「仕事であったよいことなにかなー」と考えますよね。その後に、「仕事とモチベーション」に関する講義をしたり、「仕事の振り返りに関するワーク」などをおこなうと、アイスブレイクの段階で頭のモードが切り替わっているので、とてもやりやすいのです。

このように、アイスブレイクのワークは、元々あるゲーム集などを活用してもいいのですが、そこになにかワンアレンジをいれることによって、「関係性」だけでなく「頭」の準備体操にしてしまうことが重要です。そうすることで、メインの講義やワークのよさが引き立っていくのです。

ちょっと意識してみるだけで、全然かわるのでぜひやってみてくださいね。

■リーダーシップに関する授業デザインの工夫はこちらにまとまっています

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。よろしければ以下からご登録下さい。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

■学生向けのプロジェクトへの取り組み方に関するアドバイス

オンラインマガジンのかたちでまとめてあります。298円です。

高校生・大学生のための「ビジネスプランづくり超入門」:プラン・提案を考える上で絶対に押さえたい10のポイント
https://note.mu/tatthiy/m/m9a2982537694

オトナがだれかの憧れになる:Xデザインフォーラムで話題提供してきました

先日、第5回Xデザインフォーラム「Playful & Open:学びのデザイン」で講演をしてきました。

講演内容は「リーダーシップと学び オトナがリーダーシップをどう学ぶか」でした。

最近のリーダーシップ論の流れを踏まえ、リーダーシップとは何か、どのように学ぶのか、なぜオトナがリーダーシップを学ぶのか、についてお話させていただきました。

今回の講演では「オトナがリーダーシップを学ぶことの意義」についていつもより比較的多めに話しました。

それが冒頭にある「オトナがだれかの憧れになる」というキーワードです。

リーダーシップが社会で求められているから学ぶべきと説得するより、「オトナが楽しそうにリーダーシップを発揮している」ほうが、そんな人になりたいという憧れから、周りのリーダーシップを誘発することになるのではと思います。

万人の憧れになる必要はなく、身近な2〜3人にとっての憧れでよいのです。

ひとりのカリスマの求心力で前に進むのではなく、「憧れがシェアされた環境」をつくることが、これからワクワクする未来をつくることにつながるのかなと思います。

今回発表の機会をくださった山崎和彦先生、上平崇仁先生、どうとありがとうございました。

発表内容の詳細は、書籍に載っておりますので、よろしければご覧くださいませ。

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。よろしければ以下からご登録下さい。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

■学生向けのプロジェクトへの取り組み方に関するアドバイス

オンラインマガジンのかたちでまとめてあります。298円です。

高校生・大学生のための「ビジネスプランづくり超入門」:プラン・提案を考える上で絶対に押さえたい10のポイント
https://note.mu/tatthiy/m/m9a2982537694

「半分、青い。」のロケ地をめぐる

先日、BEAMS×立教大学経営学部のプロジェクトで、岐阜県恵那市にいきました。

恵那市には「半分、青い。」のロケ地である「ふくろう商店街」があります。

歴史のある街並みと、空の青さと山の緑が美しい場所でした。

ドラマでもキーとなる「五平餅」も売っていました。お店の周辺には食欲をそそる匂いがむっちゃしてます。

つくっているのをみるのも楽しいです。

ぼくは半分、青い。はみていなかったのですが、今回の訪問にあわせて、NHKの公式サイトにある5分で1週分の内容がわかる動画を22週分、倍速で一気にみました笑

邪道な視聴スタイルかもしれませんが、それでもすごく好きなドラマになりました。

「旋律の律と書いて 律。」
「さんずいに青。清いと書いて さや。」

このやりとりは、ついつい言いたくなります笑

ドラマのロケ地というのは、ある意味で「その地域に行く理由」が生まれます。そして、その地域に「ストーリーや物語」を重ねることができるので、単なる観光より、気持ち的な愛着も感じやすいのかもしれませんね。

ドラマの効果もあり、いまは通常よりかなりの観光客が訪れているそうです。

これからの課題は、ドラマを終わってからどうなるかということ。

地域にいくきっかけをつくり、さらに継続的に人が集まるためには何が必要かを考えるというのはなかなか難しいですね。

岐阜県恵那市ははじめていきましたが、魅力ある街でした。ドラマ好きな人は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

このプロジェクトの詳細は以下をご覧下さい。

【BEAMS×立教大学×ふるさとワーホリ】地方で働く魅力を伝える新プロジェクトはじまります!
https://www.tate-lab.net/mt/2018/08/1710.html

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。よろしければ以下からご登録下さい。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

研修・授業の「スタート15分」で意識したい5つの立ち回りのポイント:教え方の基礎

研修や授業などはスタートがとても肝心です。研修の目的をしっかり伝えるなど、色々な工夫があります。

その中で今回は特に「スタート時の立ち回り」で意識したいポイントについて5つにまとめてみました。これから研修や授業をする人へのヒントになれば幸いです。

1.自己紹介で軽く自己開示する
2.前にいるだけでなく動く
3.前提知識と関係性の確認をしよう
4.グループワークスタートの工夫をしよう
5.状況を観察しよう

それぞれについて説明します。

1.自己紹介で軽く自己開示する

研修・授業をする人がどんな人なのかというのは意外と気になるものです。共通点などがあると一気に親近感が湧きます。なので、時間との兼ね合いやバランスはあるものの、多少の自己開示をするというのは自己紹介で大切なポイントになります。

例えば、趣味の話でもかまいません。自分が好きなもので、参加者の人に話しかけれたときに一緒に話せちゃうようなものをトリガーとしていれておくことは意外と大切です。

2.前にいるだけでなく動く

最初は一番前で色々話すと思うのですが、なにかアイスブレイクのワークをやってもらうときや、グルーピングなどをしてもらうときは、一番前で指示するだけでなく、自分も動きましょう。

例えば、後ろの方のグループの近くに行って指示を出したり、聞いたりするのは重要です。物理的な距離は、意外と心理的な距離と関連します。身体を動かすことで、参加者と関係性を築いていきましょう。

3.前提知識と関係性の確認をしよう

授業や研修をするとき、学習者は必ず「なにか前提知識」や「関係性」を持っています。はじめて知る内容なのか、ちょっと知っているのか、そういう人が全体でどのくらいの割合なのかを知っていると、どこを力点に説明すればよいかわかります。

また、「関係性」についても、「全員がはじめまして」なのか「ちょっと知り合いのグループ」がすでに存在しているのかは、グルーピングの工夫をするための情報になります。そのあたりも上手に最初の段階で聞いておくと、その後進めやすくなります。

4.グループワークスタートの工夫をしよう

グループワークを参加者にやってもらう場合、最初は自己紹介などからスタートすることが多いと思います。そのときに適当にスタートしてもらってもいいのですが、例えば「誕生日が早い人順」など、ちょっとした工夫を入れると、それが自己紹介も兼ねるかたちになってグッドです。

「じゃんけんで決める」などもありなのですが、じゃんけんをしても、お互いのことはわかりません。せっかくなので、目的を押さえた一石二鳥を狙いましょう。

5.状況を観察しよう

導入のワーク(アイスブレイク)などをしているときには、なるべく参加者を観察しましょう。まずはグループ単位で、話が進んでいるグループ、少し大人しいグループなど、グループの状況を把握します。でもこれだけで終わってはだめです。

個々人もしっかりみないと、「一見盛り上がっているグループだが、よくみると、その中のひとりは一言も話していない」といったことが起こるからです。

最初から個人をみようと思うのは大変と思うので、まずはグループからいってOKなのですが、その後にしっかり個々人をみて、サポートが必要そうな人や、この人にスポットをあてると全体の場が盛り上がりそうな人などを見つけていくことが大切になります。

以上、5つのポイントについて書きました。

授業や研修の最初というのは、この集団がどういう価値を大切にするのかということだったり、その集団の雰囲気をつくりあげたりするという点で重要な役割を担っています。

ここがうまくいくと後半のメインの活動を焦らずにできるようになります。

もちろんこれは練習をして慣れていくことが大切なのですが、頭の片隅にこういうポイントをいれておくと、よいトライができると思いますよ。

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。よろしければ以下からご登録下さい。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

■私が執筆したリーダーシップ教育に関する書籍はこちらです。

■学生向けのプロジェクトへの取り組み方に関するアドバイス

オンラインマガジンのかたちでまとめてあります。298円です。

高校生・大学生のための「ビジネスプランづくり超入門」:プラン・提案を考える上で絶対に押さえたい10のポイント
https://note.mu/tatthiy/m/m9a2982537694

【BEAMS×立教大学×ふるさとワーホリ】岐阜県恵那市に取材中です!(速報版)

「2018ふるさとハッピーワーホリ」というプロジェクトで岐阜県恵那市に行ってきました!恵那市は「半分、青い。」のロケ地がある場所としても有名です。

このプロジェクトは、恵那市の「ふるさとワーキングホリデー」について取材し、その魅力を伝えることがミッションです。

我々のチームは恵那川上屋さんで就業体験をさせていただきました。恵那川上屋さんは、東京の二子玉川にお店がでています。栗きんとんや栗どらがとても有名です。

栗の生産から加工までのプロセスについて、レクチャー&体験をさせていただいています。

こういった地方でのインターン的な場にでるのは初めてなのですが、学びがいっぱいで非常に楽しい日々です。

今回は速報版なので、詳細はまたまとめますが、地方の現状を肌で体感でき、これからの日本のあり方を考えるという点で非常に意味ある場だと感じています。

恵那川上屋の社長さんとも直接お話させていただきましたが、めちゃくちゃ面白い話が聞けました。

リーダーシップ教育という視点においても、東京でやる産学連携のプロジェクト型学習とはまた少し異なった学びの機会になるのかなと感じました。

まずは岐阜県恵那市、はじめて行きましたがよい場所だなと思いました!地方は色々な意味で可能性がありますね。また詳細版アップしますのでお楽しみに!

このプロジェクトについては、以前書いた記事をご覧下さい。

【BEAMS×立教大学×ふるさとワーホリ】地方で働く魅力を伝える新プロジェクトはじまります!
https://www.tate-lab.net/mt/2018/08/1710.html

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。よろしければ以下からご登録下さい。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

あなたのリーダーシップは瞬発力型?それとも持久力型?

リーダーシップのスタイルというのは、個々人で得意なやり方が異なるのかなと思います。特に学生のリーダーシップスタイルをみていると、大きく2つのタイプがいるなと思います。

1つ目は瞬発力型です。これは短いグループワークなどでも発揮がしやすいタイプで、どんどんしゃべって前に進めていったり、周りをがんがん盛り上げていったりすることでチームに貢献します。

瞬発力型という名前の通り、短い時間でもその人のタイプがわかりやすいので、就職活動等のグループワークでもわかりやすく貢献できるタイプかなと思います。

もう1つのタイプは持久力型です。こちらのタイプはそれなりに時間をかけてグループワークをするときに力を発揮するタイプです。一回のグループワークではあんまりがんがんしゃべったりしないので、貢献の仕方がわかりにくいのですが、こういうタイプは時間をかけて調べることが得意だったりしますし、みんなが気づかないこともしっかりやってくれます。

短時間のグループワークでは目立てないことも多いですが、実際仕事をする上ではこういう人がいないと仕事がまわらないということが多いです。

リーダーシップというと、どちらかというと前者の瞬発力型に目が行きがちかなと思います。就職活動のワークなども、時間が短いので、ある意味で瞬発力が求められます。持久力型にとっては、多少しんどいとは思うのですが、得意ではないなりに「最低限をクリアする」くらいのレベルは求められるかなと思います。

一方の瞬発力型は、一時的なワークなどではいいのですが、実際の仕事は長期間にわたって実施することが多く、その場を盛り上げるだけではなく、継続的に、目立たないところでもしっかり貢献していくということが必要になります。

学生の間は、自分が元々どっちのタイプかなということを意識しつつも、長所を伸ばすだけでなく、現時点では苦手な方も経験しておくといいのかなと思います。

学生時代の一番のメリットというのは、失敗に対するコストが低いことです。もちろんあんまり失敗したくないというのはあるかもしれませんが、失敗も含めた試行錯誤ができる機会というのは大変貴重です。

絶対に結果を出さなくてはいけない場面では、「苦手なスタイルを試す」ということがなかなかできないので、元々持っている手札を増やせないんですよね。なのでそういう機会を意識的に持ち、挑戦しておくといいのかなと思います。

今日はリーダーシップのスタイルについて、瞬発力型、持久力型という2つに分けて考えてみました。

ぼく自身は瞬発よりとは思うものの、実はけっこう短い時間で自分をガツガツだすのは苦手なのもあるので、短時間でものすごくアピールするのは少々苦手かもしれません。

自分のスタイルの特徴を掴みながら、長所を伸ばし、苦手な部分にも挑戦できておくといいのかなと思います。

■私が執筆したリーダーシップ教育に関する書籍はこちらです。

ブログの更新情報はLINE@でお知らせしています。毎日少しずつ会員が増えていってとてもうれしいです。

LINE@へのご登録はこちらから(無料、1日1回更新)
https://line.me/R/ti/p/%40nxz9065e

■学生向けのプロジェクトへの取り組み方に関するアドバイス

オンラインマガジンのかたちでまとめてあります。298円です。

高校生・大学生のための「ビジネスプランづくり超入門」:プラン・提案を考える上で絶対に押さえたい10のポイント
https://note.mu/tatthiy/m/m9a2982537694