闇金ウシジマくんの16巻を読みました

今日は漫画です。

闇金ウシジマくんの16巻を読みました。今回から新シリーズです。新シリーズの名前は「楽園くん」です。今回のテーマは「原宿のGAP前で雑誌のカメラマンに写真を撮られたい若者」がターゲットです。ちなみに田舎から出てきた若者ですね。これまたリアルですよー。

漫画の説明はWikipediaにめちゃ詳しく載っております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E9%87%91%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%81%8F%E3%82%93

この漫画は本当にいちいち描写がリアルで面白いです。

闇金ウシジマくんは、これまでも、風俗やらフリーターやら、サラリーマンやら、ちょっとした日常から、気づいたらお金を借りて落ちていく様を描いているわけですが、今回もきれいにそれを描いております。

お金もないのに見栄を張ってしまったり、みんなからかっこよく思われたいということを思うがあまりに、日常を過ごしていたはずが一歩一歩、返って来れない道へ進んでいってしまいます。

昔よく原宿とかで高いブランドの服買ったりしたよなあという人はもしかしたらどきっとするかもしれません(笑)

しかしまあ、いろいろ細かいところで「オサレ皇帝」だとか「G10くん(ゴトくん)」(これは登場人物の一人の名前)だとか、妙に言葉遣いがそれっぽくて面白いです。

基本、シリーズごとに話は進むので、16巻から買っても問題ないと思います。とってもリアルでコワイんですが、おすすめです。

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)
真鍋 昌平
小学館
おすすめ度の平均: 4.5

3 ウシジマ君
5 褒め言葉としてのDisgusting 。
4 おもしろしです
1 薄汚ねえ漫画だな
3 想像通り…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です