何かに悩んだときは、まじめに考える前にまず寝る?

だれでも何かに悩んだり、暗い気持ちになることはあると思います。ぼくもよくあります。で、そういうときは、頭をつかってどうにかしようと思ったりするんですが、ぼくはだいぶ前からそのアプローチはとらないようにしています。

まあもちろん最終的にはちゃんと考えるんですが、その前に絶対やることがあります。

それは、

・よーく寝る
・栄養がよいものを食べる(野菜・フルーツとか含め)
・軽く運動する

という3つです。

そんな当たり前のことかよ!って思うかもしれません笑 けど、結局この3つはとても重要だなと思ってます。

というか、この3つをおろそかにしていると、悩みがなくても、なんとなくイライラしたり、元気がなくなってくるので、勝手に悩みが生まれてくるような気がします。

なので、とりあえず問題解決はおいといて、この3つをちゃんとやります。

ある程度元気があるときには、これに加えて、

・気をつかわない友だちとくだらないことを話す

というのもいれます。このときに「お悩み相談」は別にしなくてもいいと思います。関係ない話でかまいません。

これらをやると、ぼくの場合は、だいたい8〜9割くらいの悩みはどうでもよくなります。

残ったものは、ちゃんと考えるべき問題なので考えますが、やはり体力があるときのほうが、よいアプローチが思いつきますし、前向きな解決方法が生まれます。

なので、悩みが生まれたら、とりあえず生活習慣を見直す機会ととらえるようにしています。

今日はとても基本的なことを書きました。

悩みに対して、正面からアプローチするのももちろん大切ですが、身体の調子が悪いときはネガティブにもなりがちです。

とりあえず、寝て、ちゃんとしたもの食べて、軽く運動して、それから考えても遅くないのかなーと思います。

この3つちゃんとできてますか?

【舘野泰一研究室LINE@のメンバーになりませんか?】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ仲間になってください!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!

■リーダーシップ教育についてはこちらの書籍をご覧ください