月別アーカイブ: 2009年11月

ちょっとだけよい写真を撮りたいあなたへ

最近新しいデジカメを買いました。といっても、コンパクトデジカメなので本格的なものではありません。

しかし、どうせ写真を撮るならちょっとかっこよく撮りたいものですよね。ということで、下記の本を買ってみました。

デジカメ撮影のネタ帳

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方
荻窪 圭
MdN
売り上げランキング: 83469
おすすめ度の平均: 4.0

4 初心者にとって、通読しても、必要な部分だけ参照しても使える「ネタ帳」

ネタ帳なので、「こんなときに、こう撮ってみたら?」というかんじなのですが、とても面白いです。すぐに「マネしてみよう!」と思います。

内容は、「人物を撮るとき」「食べ物を撮るとき」など、シーンごとにわかれています。

人物を撮るときに、どういう構図で撮るときれいにうつるのか、どんな印象になるかなど、読んでいて「なるほどー」と思います。

ちょっとだけよい写真を撮りたいという人におすすめの本だと思います。

ちなみに、いろいろ本を検索していたら以下の本がでてきました。なんかすごく評判いいので買ってみようかと思います(笑)写真もほんとうに奥が深いですね。

小さな工夫でプロ級に

小さな工夫でプロ級に!デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書)
荻窪 圭
宝島社
売り上げランキング: 6109
おすすめ度の平均: 4.5

3 よくまとまっています、ハンディなのがいい
5 コンパクトデジカメを使い倒す実戦向けテキスト
4 簡単!ワンランクアップ
4 デジカメ撮影のtipsが,ポイントを押えて書かれている
5 ちょっとしたこつで写真がかわることを実感しました!

寝違えのリスクを軽減するためには!

最近、寝違えではないのですが、突然首がまわらなくなって動けなくなり、大変な目にあいました。元々、寝違えをすることも多かったので、今回のことをきっかけにいろいろと寝違え関連の記事を調べてみました。

調べてみると、All Aboutの記事が最もよくまとまっていたので、それをもとに内容をご紹介!

まず寝違えはなぜ起きるのかですが、以下のように書かれていました。

寝違えは、原因不明な点が多いですが、精神的ストレス、首への負担、疲労回復の程度、食生活、内臓への負担などが影響すると考えられます。

寝違えは大事な仕事前に起こりやすい!?

http://allabout.co.jp/health/backache/closeup/CU20070818A/

要するに、こうらしいです。

大きな仕事を抱える・時間的に余裕のないスケジュールになっている

短期集中で作業する(肩がこる)・気持ち的にプレッシャーを感じている(筋肉が緊張する)

夜遅くまでごはん食べる(胃に負担かかる)・大量の飲酒(寝るときの姿勢が一定になってしまう)

首痛める!!

こっ、こわい。そして、心当たりがありすぎる(笑)

ちなみに、寝違えをしやすい性格というのがあるらしく、チェックリストもあります(笑)やっぱり寝違えには前兆もあるらしいので、それをしっかりチェックする必要がありそうです。

寝違えやすい性格は!? 寝違え度診断

http://allabout.co.jp/health/backache/closeup/CU20070127A/

なってしまったときの対処方法もまとまっています。よくやってしまう間違え対処法ものっています。寝違えたときには、風呂をゆっくり入って体を温めたりしないほうがよいらしいです。

朝起きたら首が動かせない!寝違え対処法

http://allabout.co.jp/health/backache/closeup/CU20061016A/

ということで、みなさん、やっぱり健康第一です。最近、首・肩が痛いぞという方はいろいろ参考にしてみてください。

慢性疲労は首で治せる! (角川oneテーマ21)
松井 孝嘉
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 5244
おすすめ度の平均: 4.0

5 首を温める!これ、効果あり。
5 首痛人必見!
1 首は交差点であり パイプライン でもある
3 治療に関しては?です。
5 パソコンを日常使う方にお勧めです

アイデアを寝かすとは?

なんとなく気になって、ずいぶん昔に買ったこの本(「アイデアのヒント」)を読み直してみました!

気になったのは「アイデアを寝かす」という話です。

アイデアのヒント
アイデアのヒント

posted with amazlet at 09.11.02
ジャック フォスター
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 16258
おすすめ度の平均: 4.5

4 アイデアなしでは生きられない!だからこそたくさんの方法を知っておくことが重要。
4 アイディアを生み出すためのスタンス
4 アイデアマンの心構えを知れ
5 アイデアへの道の見つけ方
5 アイデアは既にそこにある

ほら、よく言いませんか?アイデアを寝かすことでよいアイデアを生むみたいな。

この本に書いてあったと思って読み直したのですが、読んでみると意外な発見がありました。

それは「アイデアを寝かす」とは、「単にぼーっとしてなんもしないでほっておく」ということではないということなんですね。そうではなくて、「別のことに没頭することが大事」ということがかかれていました。

要するに、「頭が動いている状態にしておくこと」が大事らしく、寝かせている間に「ぼーっと頭を動かさない」というのはだめということでした。

これは面白いなと。

よくなんかの作業に行き詰まると、別の作業に没頭してしまったりしますよね?あれは実はアイデアをひらめくという意味では案外と重要なのかもしれません。

たまに昔買った本を読むと、いろんな発見があって面白いです。アイデアを考えることが必要な人におすすめの一冊です。