カモメになったペンギン

カモメになったペンギン
ジョン・P・コッター ホルガー・ラスゲバー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2114
おすすめ度の平均: 4.5

5 コッターの変革プロセスがこれなら暗唱できる
5 自分の周りの人とペンギンを置き換えてみるとわかりやすい
4 組織変革を寓話化
5 企業にかかわらず、組織・集団の指揮官に呼んでほしい本です
4 ジョン・P・コッターの変革プロセス8段階の意味がわからなければ読むべきです。

内容

リーダーシップ論的なことを、ぺんぎんのお話風にして表現した本。薄い。安い。わかりやすい。

自分たちが住んでいるコロニーが壊れそうなことを発見したペンギンが、いかにそれをみんなに知らせ、変革を起こすか!という話。

どうやって危機意識をみんなにもってもらい、リーダーを動かし、変革のビジョンを示すかなどがわかりやすく物語になっている。

ペンギンかわいい。

面白いポイント

組織変革の重要な点をわかりやすく網羅している。

組織をかえるにはいろいろなキャラが必要(例えば、「教授」風の人も必要だし、「語り部」も必要)

こういう人たちをうまく巻き込んでがんばれるかがポイントになる。

ここから得られた教訓

こういう変革のプロセスをわかりやすいかたちで提供するのは重要

ぼくもこういうお話書きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です