月別アーカイブ: 2009年1月

iLife09とiWork09がでてた

そういやiLifeとiWork09でてましたね。

iLife ’09
iLife ’09

posted with amazlet at 09.01.30
アップルコンピュータ (2009-01-28)
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 2.0

2 iDVDは、どうして、バージョンがそのままなんだろう

iWork ’09
iWork ’09

posted with amazlet at 09.01.30
アップルコンピュータ (2009-01-18)
売り上げランキング: 133
おすすめ度の平均: 5.0

5 エラーバーと近似曲線描けます

なにがすごいかについては、以下のあたりが参考になりそうです。

どこがすごいの? Macworldで大目玉の「iLife ’09」スイートを徹底おさらい

http://www.gizmodo.jp/2009/01/macworldilife_09_1.html

「iLife ’09」と「iWork ’09」の新機能を体験 (1/4)

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0901/16/news054.html

ポイントになりそうなのは、

  1. Keynote:あたらしいアニメーションの追加
  2. Number:グラフあたりが強化?
  3. Pages:Webにアップできそう
  4. iWork:iPhotoで顔認識機能がついた

とかでしょうかね。いいかげんなまとめでごめんなさい。購入を検討しようと思います。

首のコリが改善!

以前、ストレッチ系の本を買ったとここで書きました。その本が届いたので、最近せっせとストレッチしてます。

これがとてもイイです!首のストレッチとかめちゃ気持ちいいです。実際に、姿勢も少しずつですが改善されてきております。僕が気に入ったのは以下の本です。

痛みと歪みを治す健康ストレッチ
伊藤 和磨
池田書店
売り上げランキング: 11640
おすすめ度の平均: 4.5

4 どうも違和感が・・・。
4 写真集として
3 評価が高いので買ってみましたが。。。
5 体の痛みを軽減
4 いろんな意味で役に立ちます?

思うに、気分がのらないとか、やる気がでないというのは、心因性のものだけではなく、こうした体の問題も多いと思います。

気分がのらない→姿勢が悪くなる→血行が悪いので気分がのらない→やる気がでない

という恐怖のデフレスパイラルにはいらないためにも、体の部分でその流れをとめるのも重要かなと思います。もちろん、ストレスをためないことが第一ですが、体からのアプローチも重要だと思います。

みなさんもぜひお試しあれ!

BAKUMAN

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
大場 つぐみ
集英社
おすすめ度の平均: 3.5

1 「権限をください」?
5 この巻はただの前振り
1 期待が大きかっただけに…
5 女性蔑視(笑)
1 正直微妙

内容

漫画家を目指す!という漫画。デスノートの小畑&大場さんで書かれている。ジャンプに投稿することを目指すという、ジャンプの漫画で面白い。

面白いポイント

漫画をつくるプロセスが詳細にわかっておもしろい。また、ひとりで漫画家をめざすのではなく二人でコラボしてつくるところがいい。

この本について語る

漫画のような一種の創造性が必要となるものを、二人でコラボして作品を仕上げていくという点で面白いですね。どうやってそれを作り上げていくかというプロセスをみんなで共有することができます。

こういうプロセスをストーリーとして語る漫画は、いろんな分野でやるといいなと思います。

カフェ放浪で同じルートを

どうもやる気が出ず、最近カフェを放浪しています。今日も放浪してました。一軒目ではとりあえずメドがつくまでなんとかやりきりました。そして、同僚にコメントをもらうところまでそこで過ごしました。

次に研究室に戻りパソコンを充電して、なんかやる気でないなあということで、二軒目へ。二軒目で修正点をがしがし直す。

面白かったのは、二軒目にいったら、一軒目にいた人がまたいたこと。きっとあっちの人も気づいたと思う。そうか、あなたもカフェ放浪ですかと思いました。

たまに外でやるのはそれはそれで気分がいいと思いつつ、パソコンは軽い方がいいなと思うのでした。さて、またやるか。

カフェでAmazon検索したらこんなんでてきた。カフェの開き方が書いてあるらしい。オーナー的には、コーヒー飲んで延々と作業している客はうざいんだろうなあ(笑)

ゼロからつくる、はじめてのカフェ
川口 葉子 カフェズキッチン
宝島社
売り上げランキング: 6714
おすすめ度の平均: 5.0

5 カフェを開きたい人はまずこの本を手に取るといいのではないでしょうか。
5 具体的でいいです?
5 雰囲気が良くて読みやすい
5 具体的な内容がいい。
5 カフェを開きたい!

統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】

統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】 (ファーストブック)
向後 千春 冨永 敦子
技術評論社
売り上げランキング: 11806

内容

統計の本です。回帰分析、因子分析とやや難しいかんじがする内容ですが、アイスクリーム屋さんの話にひきつけて書いてあるのでわかりやすいです。

面白いポイント

まず読みやすいです。統計の数式がばーっと書いてあるというのではなく、アイスクリーム屋さんの話を例にやるので読み物としていけます。また、エクセルをつかって例を示しているのよいです。ここでいきなりSPSSとか使われると悲しい。。。

この本について語る

まだ細かく読んでいませんが、こういう本は貴重です。それぞれの分析が「どういうかんじ」なのかがわかって助かります。また、ストーリー仕立てであるのならば、とりあえず読み通せるのもうれしいです。

こちらの本がより基本的な内容になっているようです↓あわせてよみたいですね。

統計学がわかる (ファーストブック) (ファーストブック)
向後 千春 冨永 敦子
技術評論社
売り上げランキング: 15733
おすすめ度の平均: 5.0

5 初心者を引っ張っていける本
5 統計学入門者に最適だと思います。

よりよい姿勢を目指して

私は元々猫背気味なんですが、最近本気でこれを直そうと思ってきました。理由はまあいろいろあるんですが、そもそも姿勢が悪いのは、肩こりだとかにも影響するからですね。最近、首やら肩やらが痛くなるのでその対策プラス、身長を高く見せようという魂胆です。

Amazonを見てたらいろいろと本あるんですね。ということで、何冊か買ってみようと思っているところです。まだ買ってないので今回は紹介のみ。あとで書評書きます。

背骨の「ゆがみ」直し体操―たるみがとれる!カラダの不調が解消する!
松岡 博子
成美堂出版
売り上げランキング: 3854
おすすめ度の平均: 5.0

5 腰痛、頭痛が良くなりました
5 効果には驚愕です
5 読みやすい
5 ゆがみ解消+オマケの本。
5 冷え性がなおりましたよ

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド
谷本 道哉 石井 直方
高橋書店
売り上げランキング: 524
おすすめ度の平均: 5.0

5 スポーツをやっていても、いなくても。
5 丁寧な作りの本

1日2分姿勢美人やせヨガ―けんこう骨と骨盤のゆがみ撃退で基礎代謝力アップ&全身ひきしめ! (中経の文庫 ふ 4-1)
藤田 かおり
中経出版
売り上げランキング: 1822
おすすめ度の平均: 4.5

2 初心者には・・・
5 すっきり☆
3 一回で効いてること実感!
5 読みやすくて、実行しやすい!
3 説明が…

なんかおっさんぽい記事でごめんなさい(笑)

お気に入りの音楽で、睡眠・起床したいあなたへ

たまにはフリーソフトも紹介してみます。今回紹介するソフトはAuroraというソフトです。何が出来るかというと、iTunesを目覚まし時計代わりにつかえるんです。OSXの10.3の人はフリーで使えますが、10.4の人はシェアウェアのほうしかないかもしれません。

f:id:asapon:20090121172128j:image

Aurora(ダウンロード)

http://metaquark.de/aurora/

Aurora(紹介記事)

http://ascii.jp/elem/000/000/095/95627/

これはMac用のソフトです。Windowsで似たことが出来るものとしては以下がありそうです。

「iTunes」をスヌーズ機能つき目覚まし時計として利用できる「iSnooze」

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/05/20/isnooze.html

ポイント

このソフトがすばらしいのは、朝タイマーをかけておくと、勝手にパソコンのスリープ状態を解除して、音楽をならしてくれるというわけです。つまり、パソコンをつけっぱなしにしなくてもよいのです。

また、寝るときにもこのソフトはつかえます。おやすみタイマーをかけておくと、30分後とかに勝手にパソコンをスリープにしてくれます。

これのおかげで、最近は寝るときには落ち着いた音楽をかけて寝て、朝は気持ちよいリズムの曲で起きるということをしています。

ライフハック本とかで、よく習慣が大事といいますが、寝るときはこの音楽、起きるときはこの音楽と決めることで、自然と気持ちの切り替えができてよいです。おすすめです。

最近寝るとき、起きるときに聞いているCD

・寝るとき用

究極の眠れるCD
究極の眠れるCD

posted with amazlet at 09.01.21
メンタル・フィジック・シリーズ
デラ (2002-07-22)
売り上げランキング: 2497
おすすめ度の平均: 4.0

1 お勧めできません・・・。
5 飽きないです
2 残念ですが
5 いつのまにか眠ってた。。
2 水音が・・

・起きるとき用

smile exchange
smile exchange

posted with amazlet at 09.01.21
i-dep Cana Tsujimoto Monica Bressaglia Paul Brandtland
RAINBOW ENTERTAINMENT (2005-07-20)
売り上げランキング: 50979
おすすめ度の平均: 4.5

5 中年のおっさんも気に入った心地よさ
5 ipodに詰め込んで街に出よう!!
4 かわいいBGM
4 分かりやすい
4 楽しい気持ちになります☆

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則
本田 直之
大和書房
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 4.5

4 「ライフハック・バイ・レバレッジ」深い言葉が並ぶ
5 『究極の面倒くさがりや』マニュアル
4 面倒をなくすための努力
4 よい!

内容

タイトルにあるように、「めんどくさがり」な人に向けたライフハック術というかんじの本です。この本では、「出来る人は、実は面倒くさがりだ」という仮説のもと話が進められています。

ただし、ここでいう「面倒くさがり」には条件があります。「めんどくさいからなにもやってなかったら、最悪なことが起きた!」というのはだめな面倒くさがり方です。

この本で提案されている面倒くさがりとは、「やっておかないとあとでめんどうくさいことになるから、先にこれをしておこう」という思考のスタイルなんですよね。

一つの例は、人気のあるお店に食事にいくときに、「並ぶとめんどくさいから、先に予約しておこう」というのは正しいめんどくさがりかたです。「めんどうくさいから、お店に直接いけばいいや」といって、結果的にそこで待ったり入れなかったりで、さらなるめんどうくささに襲われるのはだめな面倒くさがり方です。わかりましたでしょうか?

面白いポイント

面白いのは、ここで紹介されている55の法則は、全て、「めんどうくさいから○○しよう」という語り口で書かれているんですよね。紹介されている方法に目新しさがあるわけではないですが、なんとなくすっと入ってくるかんじがしてよいですよ。

この本について語る

書店でぶらぶら立ち読みしてたら思わず買ってしまいました。1000円という安さにひかれたというのもあるのですが、この「めんどうくさいから」という発想に共感がもてたので思わず買っちゃったんですよね。

「めんどくさいからこうやっておけば楽でしょ?」という感覚はたしかにあって、それをずばり中心のコンセプトにしている本だったのが面白かったです。

中身は目新しいか?と言われればそこまでかもしれませんが、いろいろ言われていた方法を確認するという意味でも手元に置いておくとよいと思います。

個人的には、「時間割をつくる」というのが書かれていて面白かったですね。去年は自分たちで実際に時間割をつくって行動したりしていたので「やっぱりこれでよかったか」という気持ちになりました。

おすすめです。

山岸先生の社会心理学講座

ほぼ日の特集ネタばかりですが、今回の山岸先生のは面白いです。社会心理学的に、「信頼」について話してくれています。

山岸俊男先生のおもしろ社会心理学講義

http://www.1101.com/yamagishi_toshio/index.html

オススメです。

日本の「安心」はなぜ、消えたのか—社会心理学から見た現代日本の問題点
山岸 俊男
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 5.0

5 安心≠信頼
5 歩けますか?
5 「常識」を心地よく覆してくれる
5 納得できる理論をわかりやすく
5 よくぞ言ってくれました

雑談力

雑談力 おしゃべり・雑談のおそるべき効果 [マイコミ新書] (マイコミ新書)
川上 善郎
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 214034

内容

この本は、日常で行われている「おしゃべり」に注目して、その効果について述べています。「雑談力」とかいうと、「雑談力をつける10の法則!」みたいなかんじがするかもしれませんがそういう本ではありません。著者の川上善郎さんは、たしか社会心理学などが専門の方です。組織の中で、「おしゃべりすること」がどのような機能をしているのか、「悪口」の意味は?などをデータを交えて解説しています。

面白いポイント

個人的には、後半にいくほど面白かったですね。一つ例を取り上げると、夫婦のコミュニケーションの違いについて書かれた部分が面白かったです。男性と女性では、全然コミュニケーションをする相手や量とかが違うのですよね。その中で僕が気になったのは、男性は「会話をする相手が少ない」ということです。奥さんとか、会社の人とだけしか相手がいないのですよね。一方で、女性は、子どもの友達の親とかも含めてたくさんいます。これを著者は「男性は社会関係資本が貧弱?」と指摘しています。社会関係資本ていうのは、まあその人の持っているネットワークの豊かさみたいなものかな。これにはちょっとどきっとしましたね。

この本について語る

この本には組織における「悪口」の研究についても話されています。悪口は、単に人をおとしめるというのだけではなく、組織の文化をつくっていたり、組織の中での社会関係をつくったりと、様々な役割をしているようです。言われてみれば当たり前かも知れませんが、データとともに語られていて参考になるなと思いました。

すごく個人的なことをいえば、私は男ですが、おしゃべりはとても好きです。女の人みたいに話す気がするんですよね。それは良いことなのか悪いことなのかはちょっとわかりませんでしたが、気になるところです。

まあ最後は本当に個人的なことですが、人と人とのインフォーマルなコミュニケーションに興味ある人は読んでみるとよいかなと思います。