カテゴリー別アーカイブ: コラム

「体験したらわかる」けど「体験したくなる」ためにはどうするか?

世の中「体験してみてはじめてわかる」ということは多いと思います。しかし、そういうのはたいてい偶然体験してみたからわかるわけで、「体験する前」に「その体験の重要性を知る」というのはなかなか難しいことだと思います。

例えば、最近取り組んでいる「地方活性化」に関するプロジェクトでも、「地方に行くことではじめてわかること」はむちゃくちゃいっぱいあります。なんとなく知った気でいたけれど、実際に現場に行ったらこういうかんじなんだという発見はたくさんあるんですね。

地方でのワーホリを体験した大学生たちも「やっぱり行ってみないとわからない」と口をそろえていいます。

ただ、これを「体験する前の人」に伝えるのはとてもむずかしいんですよね。

「体験したらわかるよ!」

と伝えることはできるのですが、「いや、体験しなくてもわかるでしょ」と言われた時に、「いや、体験しないとわからないよ!」というやりとりになってしまうんですよね。

これはなかなか難しい問題だなと思います。

こういうのを考えると、やっぱり自分ですべて「自分にとって意味のある経験を事前に選び切る」というのはなかなか難しくて、意図せず体験することや、意味がないと思っていてもやってみるみたいな余白が必要になるんだろうなと思います。

ただ、これは個人の話であって、「意味ある体験だからやってみよう!」と他者を誘うときはどうやって伝えるのがベストなのかなーと考えています。これってどうしてますか?

最近ちょっと深めたいテーマの1つです。

ふるさとワーホリWEEK開催中!:新宿のBEAMS JAPANに遊びにきませんか?(11/20まで)

立教大学経営学部・BEAMS・総務省でコラボをしているイベント「ふるさとワーホリWEEK@BEAMS JAPAN」が開催中(11/20まで)です!

11/20まで、新宿BEAMS JAPANの1階に「福島県」「熊本県」「北海道」「岐阜県」のワーホリ体験についてまとめたパネル・動画などが展示されています。

パネルも動画も、立教経営の学生が実際にその地域にいって感じた魅力を自分たちでまとめたものです。熊本県ブースには搾乳機などもおいてありますのでぜひご覧くださいませ。

ちなみにブースの入り口には「いいねと思ったらタッチ!」というパネルもおいてあります。実はこの「いいね数」について、4つの地域で魅力のバトルをしています笑 パネルがよいと思った方や、この地域を応援したい!という方はぜひ店頭で気軽にタッチしてみてください。

週末の11/17(土曜日)、18(日曜日)の13時から17時の間は、立教大の学生とともに、舘野も店頭にたち、地域の名産品のサンプリングをおこなっています。先日は、福島の桃ジュース、熊本の飲むヨーグルトを配っていました。

17,18日については、北海道美瑛、岐阜県に関するサンプリングをおこないます。おいしい食べ物を準備していますので、ぜひ遊びにきてくださいね。

ちなみに、「自分も国内のワーホリ体験をしてみたい!」という方に向けて、閉店後の店舗で20時30分から1時間、ふるさとワーホリの説明会をおこなっています。こちらは事前申し込みが必要です。席数が限られておりますので、参加したいという方はお早めにお申込みください。

<17日(土曜日)20時30分〜21時30分の説明会に参加希望の方は以下からお申し込みください>
https://furusato-work.jp/sessionlist/fair-2730/

実際にワーホリを体験した立教経営生の10分プレゼンもありますし、地域の方からの具体的な説明もあります。

今回のプロジェクトは、総務省のみなさま、地方自治体のみなさま、BEAMSのみなさま、そして立教大学経営学部のチームで協力して実施しています。まさに産官学連携というかんじで、いろいろなセクターを超えて、日本全体を盛り上げるための試みとなっています。

なかなか大変なプロジェクトではありますが、年齢も立場も違う人達が、一緒になって地方や日本全体を盛り上げるためになにができるかを考えられるのは、自分としても非常にやりがいのある仕事です。

少子高齢化や都市部への一極集中など、色々な問題があるなか、それらを解決するのは一筋縄ではいきませんが、アクションを積み重ねていくことが大切なのかなと思っています。

店舗でも展示していますが、各地域のワーホリ体験は動画でもまとめています。これを見るだけでも、少し雰囲気が伝わるのではと思います。

<ふるさとワーホリのYoutubeページ>
https://www.youtube.com/channel/UC7MqSujXF3SsflKHN1TS_OA

「地方」と一言でいっても、地域によっての特色や問題は本当にさまざまです。私たちはなんとなく「知っている」「わかっている」気になっていますが、あらためて目を向けた時に気づくことはたくさんあると思います。実際、私にとっても今回のプロジェクトは自分の人生にインパクトを与えるようなものだったと思っています。

この機会に一緒に楽しく、地方や日本のことについて考えてみませんか?新宿のBEAMS JAPANでお待ちしております!

【舘野泰一研究室LINE@のメンバーになりませんか?】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ仲間になってください!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!

「否定」からではなく「受容」から生まれる変化とパワー

新たな変化のプロセスには「否定」がつきものというイメージはあるのではないかと思います。「過去の否定がイノベーションを生む要素である」と言われるとたしかにと思う部分もあるのではと思います。

ただ、最近その方法には限界があるということをあらためて感じています。過去の否定は、変化というポジティブな側面よりも、大きな痛みや傷というネガティブな側面を持つように思います。

実際必要なのは「受容」なのではと感じています。受容というと「変化しなくてよい」ようなかんじがありますが、そうではありません。それはそれでOKと思えるからこそ、納得して「じゃあ次にいこっか」という変化を生み出すことができるのではと思います。受容するからこそ次がやりたくなる。満足するからこそ、次にいこうと思うというのも同様にあるはずです。

そうした受容から生まれる変化ということにもう少し目を向けてもいいのかなと最近感じています。

もちろん受容は、否定よりも簡単ではありません。むしろ難しいことなのかなと思います。「なんとなくいいよ」ではなく、心から受容しきるのは本当に難しいことだと思います。

ただ、そのプロセスを一度経るからこそ、次へのポジティブな創造のパワーが生まれてくるのかなと感じています。

受容の持つパワーにもう少し注目してみようかなと思う今日この頃です。

「ふるさとワーホリWEEK@BEAMS JAPAN」のワーホリ体験ムービーが公開されました!

立教大学経営学部・BEAMS・総務省でコラボをしている「ふるさとワーホリWEEK@BEAMS JAPAN」。そのワーホリ体験ムービーが公開されました。

立教経営の学生が、4つの地域(熊本県、福島県、北海道美瑛、岐阜県)でワーホリ体験をし、その体験の様子を自ら撮影・編集して、映像化しました。

それぞれの地域の魅力やワーホリ体験のイメージが伝わると思いますのでぜひご覧下さいませ!

お気に入りの動画があったら、ぜひ拡散してくださいね。

・熊本県

・福島県

・北海道美瑛

・岐阜県

この動画をみて、自分もワーホリ体験をしてみたいなと思った「大学生(立教生に限りません)」がいたら、BEAMS JAPANでふるさとワーホリの説明会(無料)がありますので、ぜひお越し下さいませ。当日は実際に体験した大学生のプレゼンもありますので楽しみに!

<10日はここから申し込み>
https://furusato-work.jp/sessionlist/fair-2725/

<17日はここから申し込み>
https://furusato-work.jp/sessionlist/fair-2730/

また、11.7〜11.20の期間は、BEAMS JAPANに地域ごとの紹介パネルや、名産品が展示されます。こちらは事前申し込みなしで、どなたでもご覧いただけます。週末は地域ごとの名産品を配ったりしますので、ぜひ週末はBEAMS JAPANにお越し下さいませ。

・11月10日(土)11日(日)
13時より福島県特産品 / 15時より熊本県特産品
・11月17日(土)18日(日)
13時より北海道美瑛町特産品 / 15時より岐阜県特産品

私も土曜日は店舗におります!みなさまのご参加お待ちしております!

【舘野泰一研究室LINE@のメンバーになりませんか?】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ仲間になってください!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!

「自分の過去の経験」を活用しながらも、それにとらわれず他者とかかわること

自分の過去の経験は、学びを得るためのひとつの大きな素材です。過去を振り返ることによる発見はたくさんあります。

ただ、自分の過去の経験をそのまま他者に当てはめられるかというとそうではありません。

例えば、「自分がこういうときに成長できた!」という経験は、次に活かせる経験でもありますが、自分が成功したやり方を他者にそのまま当てはめられるかはわかりません。自分はそうだったけど、他者もそうかはわからないわけです。

その他にも「自分がこういうときにやる気がでた!」という経験も、それもそのまま他者にあてはまるかはわからないのですよね。

自分の経験はいろいろな可能性の中の1つなのですが、それが色々あるなかの1つであり、全体がどうなっていて、それがどこに位置付くのかというのは意外と考える機会は少ないのかなと思います。

本来それが考えられると、色々な人がいるという多様性の実感の中で、「ではこんなアプローチはどうだろうか?」と他者と関われるのかなと思います。

自己を振り返るというアプローチは重要なのですが、そこにはやはり必ずある種の相対化のフェーズが必要です。

全体の大きなマップを思い浮かべ、自分がどこにいるんだろうか。そして目の前の人はまたどこにいるのだろうかと考えるのは、ぼくは面白いことじゃないかと思います。

他者に開かれた振り返りができるととてもよいなと思う今日この頃です。

お休みの日はメールを返信しない:連絡コストをいかに下げるか

当たり前っちゃ当たり前なんですが、最近平日19時以降、そして土日祝日については、仕事のメールの返信は基本的にはしないようにしています。もちろんすぐ返せるときは返しちゃうんですけどね。

大学の仕事は勤務時間の切れ目などがあまりないため、どこまでも仕事の時間が延長しがちなので、自分なりの切れ目をつくるのは大切です。

それに、なにかものづくりするときには集中してまるっと時間を使いたいということもあり、連絡に気を取られる時間を減らしたいというのもあります。なかなか難しいんですけどね。

最近LINEやFacebook、slackなどの短文のやりとりに慣れてしまっていることもあり、メールは長文になったり、スレッドがどこにいったりわからなくなるので若干ストレスが増えてきているというのもあるかもしれません。

「連絡コストを下げつつも、チームで一体感をもって仕事ができる環境をつくりたい」というのは今後あらためて増えるニーズなのかなと思います。ベストな方法を試行錯誤していきたいと思います。

自分が舞台に立つのが苦手なら「全力で応援すること」をマスターすればいいのでは

「舞台に立つと成長する」というのはわかるものの、舞台に立つというのはなかなかハードルが高いことでもあります。心理的なハードルもありますが、舞台に立つためには、ある程度なにか練習したり、スキルが必要になったりするというのもあります。舞台に立ちたくても立てないということもあると思います。

ただ最近、舞台に立つことと同様に「全力で応援する」ということも、人の成長につながるんじゃないかなと思ってきました。

舞台に立つことより応援するほうが楽なような気がしますが、「全力で応援する」というのは、けっこう難しいことだと思います。なんとなく傍観者的に応援することは簡単です。でも、舞台に立っている人が、よいときも悪いときも、それを支えて、全力で応援しきることは簡単なことではないでしょう。

実際、舞台を構成しているのは演者だけではありません。応援している人も含めての「舞台」であり、その場が成長する機会になるかは、双方の相互作用によって決まります。いってみれば、主客一体・一座建立の場です。

そう考えた時に、演者でなくても、その場をよりよいものにすることを、応援する立場から最大限コミットできたら、きっとその人にとっても大きな成長があるんだろうなと思いました。

だいたいどんな人でもずっと舞台にあがっているということはなく、ある場面では演者でも、ある場面では応援する役割だったりします。そのときに、全力で応援することができるかどうかは、けっこう重要なんだろうなと思います。

なにかとすぐに叩かれたり炎上する時代にあって、「全力で応援できる」ということは、ひとつの大きな力なのかもなと思います。

これはこれでリーダーシップなのかなーと感じる今日このごろです。

■関連する記事

「背伸びの舞台」が応援を呼び、成長につながる

「背伸びの舞台」が応援を呼び、成長につながる

■リーダーシップ教育についてはこちらの書籍をご覧ください

【舘野泰一研究室LINE@のメンバーになりませんか?】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ仲間になってください!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!

問題を安易に「割引」「無料化」「特典つき」で解決する発想から抜け出すには?

授業で大学生のビジネスプランづくりなどをみていると、「割引」「無料化」「特典つき」などの案に飛びつくケースがめちゃめちゃよくあります。

例えば、「ある商品Aを若者が手に取るようにするために必要なアイデアを提案せよ!」という課題があったときに、「○○をしたら割引にする」とか「買ったら○○をつける」などするプランはとても多いです。

本当は「商品Aの真の魅力」を引き出して、「新たな意味づけ」をすることが期待されているのですが、「魅力はないもの」という前提にのっかってしまい、「別の魅力のあるものをくっつける」という発想になってしまうわけです。

しかもそれが相乗効果があったりするものではなく、単なる値下げだったりになるケースはとても多いんですね。

簡単に表現するとこんなかんじです。

【求められていること】
・商品Aの既存の魅力では若者に訴求できない
→若者にとって、商品Aを別の捉え方で意味づけできないか?
→むしろ価値あるものにできないか?

【やりがちなこと】
・商品Aの既存の魅力では若者に訴求できない
→商品Aはだめなので、他に魅力あるXをくっつけるしかない
→魅力あるXとはたいてい「値下げ」か「まったく関係のない特典」

これを別の例にたとえると、自分の魅力を再発見しようとせず、「全部おごるよ!」「プレゼントをあげるよ!」といっているようなものです。こうしたやり方では「おごってくれないならいかない」「ものをくれないならいかない」ということになってしまいます。

また、実際世の中で「無料で体験できること」なども実はけっこうあるわけですが、「興味がなければ無料でもいかない」というのがこれまた事実と思います。

「意味のあるものが無料」ならいきますが、「意味の再定義ができてないのに無料」になっても、問題は解決されないというわけです。

こうした発想に流されるのではなく、まず「商品Aの魅力として他に考えられることはないか?」を腰を据えてじっくり考える習慣をつけてほしいのですが、これはなかなか難しいことなんだなと感じています。

このあたりを上手に訓練できるようなやり方がないかなと最近考えています。

まあこれは大人でも難しいんですけどね。今日はプランの考え方についてでした。

■リーダーシップ教育についてはこちらの書籍をご覧ください

【舘野泰一研究室LINE@のメンバーになりませんか?】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ仲間になってください!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!

【大学生対象】地域で働き・生活する「ふるさとワーホリ」の説明会に参加しませんか?(11/10、17)

「企業でのインターンもいいけど、地域で働く体験もしてみたいな」
「夏休みに旅行にいくのもいいけど、それだけだと物足りないなー」
「バイトもいいけど、せっかくなら大学生だからこそできる体験をしたいな」

こんな方はぜひ「ふるさとワーキングホリデー」の説明会に参加してみませんか?

■ふるさとワーホリとは(総務省が推進しているプログラム)
日本中のふるさとで地域の仕事をしながら、地域の人たちとの交流や学びを通じてリアルに地域のくらしを体験できるふるさとワーキングホリデー。新しい地域を知り、新しい自分を知る。そんな人生にとって貴重な時間と経験を手にしてみませんか?出典:https://furusato-work.jp/

今月は11/10(土)、11/17(土)の2日間、新宿のBEAMS JAPANで説明会をおこないます。

各回先着50名で、参加費はもちろん無料です。前回は100名の定員があっという間に埋まってしまったようなので、ご興味ある方はお早めにお申し込みください。

お申し込みは以下のサイトからできます。

11/10は特に「福島県・熊本県」の事例をもとにふるさとワーホリについて説明します
https://furusato-work.jp/sessionlist/fair-2725/

11/17は特に「北海道美瑛町・岐阜県」の事例をもとにふるさとワーホリについて説明します
https://furusato-work.jp/sessionlist/fair-2730/

当日は私も会場におります。また、それぞれのワーホリでの体験について、立教経営の学生が4チームにわかれてプレゼンテーションをします。

私も今年の夏に立教生とともに、ミニワーホリ体験をおこないました。旅行とは異なり、実際に働き、地元の方々とふれあい、観光資源などを見ることもでき、たくさんの発見がありました。

少しだけその様子をご紹介しましょう。

例えば、熊本県で搾乳作業を実際にやってみたり、

福島県の旅館で働いてみたり、

北海道でトウモロコシを収穫してみたり、

岐阜県で観光資源を視察にいったり、栗の収穫を体験させていただいたり、

なかなか教室にいるだけでは体験できないことがたくさんあります。

魅力をひとことでいえば、「私たちが勝手に知っている・わかっている」と思っていたことが、そうではなく、「もっと深くて、面白くて、かかわりがいのあるもの」だと気づける機会といえます。

当日は体験をした大学生たちが、自分たちなりの言葉で「ふるさとワーホリ」の魅力や意義について説明します。

ご興味ある方はぜひ無料の説明会にお申し込み下さいませ!

11/10は特に「北海道美瑛町・岐阜県」の事例をもとにふるさとワーホリについて説明します
https://furusato-work.jp/sessionlist/fair-2730/

11/17は特に「福島県・熊本県」の事例をもとにふるさとワーホリについて説明します
https://furusato-work.jp/sessionlist/fair-2725/

30秒動画もあるのでよかったらみてくださいね。

【舘野泰一研究室LINE@のメンバーになりませんか?】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ仲間になってください!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!

もらったフィードバックを100%受け止めるべきか?:自分の軸を持つこと

フィードバックのやり方についてのノウハウは蓄積されつつあるものの、「もらったフィードバックをどのように受け取るか」については、あまり語られないのかなと思います。

先日大学の授業でも「もらったフィードバックは全部取り入れないといけないと思ってしまうのですが、どのように取捨選択したらいいのですか?」という質問がありました。

これについては実際は以下のプロセスで受け取るといいのではないかと思います。

1.まずフィードバックをもらったことに感謝する
2.自分がやりたい方向性・目標に照らしてフィードバックの内容を検討する
3.その上で取り入られる部分があれば取り入れる

ポイントとなるのは2つ目のステップでしょうか。

フィードバックを主体的に取捨選択するためには「自分の中で行きたい方向性・目標」など、「判断の軸」を持っている必要があります。それがあってはじめて、自分が情報を選び取れます。

「フィードバックを100%受け取る」というのは一見素直なようでいて、実は見方をかえると「フィードバックの内容を判断する責任を放棄している」とも考えることができます。

最終的に、その内容をどう取り入れて実施するかの選択権は「自分」にあります。その意味で、フィードバックの内容を活用できるかは、自分自身の軸がはっきりしているかどうかという点が実は非常に大きいというわけです。

今日はフィードバックをどう活用するかについて書きました。

大学生はビジネスプラン作りをしていても、フィードバックをもらうと全部それを取り入れようとしてしまい、結果的によくわからないものができてしまうということがよくあります。

自分たちが行きたい方向性にいくために、フィードバックをどのように解釈して、どのように活用するかを考えられるようになると、さらに大きな成長につながるのではないでしょうか。

■リーダーシップ教育についてはこちらの書籍をご覧ください

【舘野泰一研究室LINE@のメンバーになりませんか?】

舘野泰一のLINE@のアカウントを開設いたしました!このアカウントでは、ブログの更新情報や、イベントの開催情報をいち早く配信します!よろしければぜひ仲間になってください!

スマホを開いている方はこちらをクリック!
友だち追加

パソコンで表示している方はQRコードからどうぞ!