「自分の強み」は人に言わなくてもいいけど、自分なりにおさえておくといいという話

「自分の強みはなんだと思いますか?」

と聞かれたらどのように反応しますか。すぐに答える人もいれば

「えー、自分に強みなんてないです。」

と答える人もいるかもしれません。

円滑なコミュニケーションという視点では、自分の強みを話すより「そんなのないですよ」といったほうがよいかもしれません。

でも少なくとも自分自身の中では「自分はこんなことが強みだな」ということは認識しておくことは大切だなと思います。

なぜなら、なにか自分の成長の目標を立てたり、組織のなかで他者に影響力を与えるというときには、強みの認識がキーになるからなんですね。

「自分の強みはこうだよ!」とひけらかす必要はないのですが、「そんなのないです」という前提に立ってしまうと、自分自身のことを理解する上でもハードルになってしまいます。「あるもの」を「ない」としてしまうようなことにもなるからです。

「強み」と呼ぶことにハードルがあるならば、「自分の特徴」だったり、「自分がこんなことは好きだなー」と思うことでかまいません。自分の「弱み」や「できないこと」ばかり目を向けるのではなく、「そこにあるもの」をしっかり捉えておくことで、適切な自己理解や目標設定につながっていくのだろうと思います。

今日は「強み」の話をしました。立教生などもみなさんよい人が多いので、授業で目標設定などについて扱うと「強みなんてないです」と話す人もよくいます。

人とのコミュニケーションにおいてはそれでもよいかもしれませんが、自分なりの目標を立てるという点では、強みを自分のなかで認識しながら、それを伸ばすという視点が大切になります。

「ないもの」を得ようとすることも大事なのですが、「あるもの」も同時にみてみるといいのかなと思っています。