iPhoneの液晶が割れたときってなんであんなに悲しいのか

先日iPhoneの液晶が割れました。液晶割れのダメージってやたら大きい気がするんですが気のせいでしょうか。

今回は落とした経緯もなかなか悲しいものでした。

「今日は早めに帰れるぞ!」というかんじでいつもより早く電車に乗り込み気分良く帰っていたら、途中で「人身事故により1時間ストップ」とのアナウンスが。

「えー!」と思いながらも、まあいいかと切り替え、とりあえず改札をでてカフェで仕事でもしてようと思いました。

とはいえ、駅前のミスドは大混雑。んじゃ他のお店でもいくかと思い、お店の検索でもしようかとiPhoneを取り出した瞬間でした。

「あっ・・・」

道に少しだけ足をひっかけてしまったのですが、その瞬間、なんというかイメージ的にはスローモーションで、手に持っていたiPhoneが一瞬宙を舞い、アスファルトに向かって落ちていきました。

「ガタッ」

落ちたiPhoneは液晶が下向きで落ちていました。

これまでiPhoneを落としたことは何度かありました。胸ポケットから落としたり、机から落としたり、その度におそるおそるiPhoneを拾い上げたものの、一度も液晶は割れたことはありませんでした。

「安心してください、割れてませんよ」

という、とにかく明るい安村のような言葉を頭でとなえつつ、今回も割れていないことを信じてiPhoneをひろいあげました。

が、結局完全に割れてました。なんなら液晶どころか部品がふっとんでました。

「なんて日だ!」

といいたくなりましたが、ひとりなのでやめておきました。

ひさしぶりに「時間よ、戻ってくれ!」と思いましたが、「時間を戻す」というコストに対して、「iPhoneを落とさないようにする」というのは、ささいすぎる時間の戻し方だとも思いました。でもそのくらいやりきれません。

あまりに悲しすぎるのでネタにして、落ちたiPhoneの写真でもアップしようと思ったら「落ちたiPhoneは、iPhoneでは撮影できない」という事実に気づき、また悲しい気持ちになりました。

写真(2015-07-06 12.46) #2

※結局、Macbook Airの液晶の上についているカメラで撮りました

結局その後冷静になって、iPhoneが動いているうちにパソコンにデータをバックアップ。バックアップ中に修理方法を探しました。

なにが一番安いのかなと思っていたのですが、自分はどうやらsoftbankの「あんしん保証パック(i)」というサービスに入っていたようで、これを使うと修理費が8〜9割保証とのことでした。

本体交換は3万ちょいですが、これをつかうと5000円程度の負担ですみます。とはいえ修理のために、AppleStoreにいくのはめんどうなので、どうにかならないかなと思ったらビックカメラでも正規で修理してくれるサービスがあることを知りました。結果的に、池袋のビックカメラで直しました。

翌日、ビックカメラにいくと、すぐに対応してもらえました。事前にバックアップを取り、iPhoneを探すの機能をオフにし、ちゃんと自分のAppleIDを覚えていればすぐ対応してもらえます。お店にいってから新しいiPhoneをもらえるまで約1時間弱でとてもスムーズでした。

ということで結局iPhone5sが新品になったので、まあ満足はしています。バッテリーもへたり気味だったのでちょうどよかったかもしれません(そう思いたい)。

「iPhoneを手に持っているとまた落とすかもしれない」ということをいいわけに、Apple Watch Sportを買おうと思っている今日この頃です。

みなさんも、iPhone落とさないようにお気をつけくださいませ。