【参加者募集】「越境学習」×「イノベーション論」-組織を超えたイノベーションの可能性を考えよう!(9/6 19時〜)

9/6(木)の19時から以下の研究会を行います!興味のある方はぜひお越し下さい。
小規模の研究会形式になります。
お申し込みはこちらから!
========================================================
「越境学習」×「イノベーション論」
-組織を超えたイノベーションの可能性を考えよう!-
2012年9月6日(木曜日) 19時〜21時まで
場所:青山学院大学 渋谷キャンパス
人数:10名 参加費:無料
【ゲスト】
福澤光啓さん(成蹊大学経済学部)
宮尾学さん(滋賀県立大学人間文化学部)
【主催】
・舘野泰一(東京大学大学院)
・伊達洋駆(神戸大学大学院/ビジネスリサーチラボ)
========================================================
9/6に「越境学習」×「イノベーション論」をテーマに研究会を行います。
近年「社外勉強会ブーム」と呼ばれるような現象が起こっています。
組織の外にでて学ぶことは、異質な他者や知見に触れることにつながり、
その結果として「キャリア発達」や「イノベーション」につながることが期待されています。
これまでの研究では「キャリア発達」に関する影響は検証されてきましたが、
「イノベーション」との関係はあまり明確に検討されてきませんでした。
「越境して学ぶこと」は新たな事業につながったり、新たな変革につながるのでしょうか?
効果が期待される一方で、実際に聞かれるのは例えばこんな言葉たちです。
「会社の外の勉強会に行っていることは内緒にしている」
「外で学んだことを、会社の人にはちょっと話しにくい」
こうした状況でイノベーションに結びつくのでしょうか?
そこで本研究会では「越境学習」×「イノベーション」という切り口で
「越境学習で得た新しい知見や人脈をイノベーションにつなげるには何が必要か」
について考えます。
・そもそも本当に越境学習はイノベーションにつながるものなのか?
・つながるとすれば、どのようにしたらつながるのか?
・越境学習は「イノベーションを生み出すこと」に影響があるのか?もしかするとそれ以外?
こんなことを議論するために、
越境学習論、イノベーション論、産学連携論に関する若手研究者が話題提供をし、議論します。
「越境」や「イノベーション」に興味のある方にぜひご参加いただければと思っています。
————————————–
■ ゲスト紹介
————————————–
今回イノベーション論に関する話題提供をしてくださるのは以下の方々です。
・福澤光啓さん
成蹊大学経済学部 専任講師
東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
専門は競争戦略論、技術経営論
研究テーマは「製品アーキテクチャの選択過程における戦略と組織」
宮尾学さん
滋賀県立大学人間文化学部 助教
神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了
専門は新製品開発、技術経営、マーケティング
研究テーマは「技術の社会的形成アプローチによる新製品開発」
————————————–
■ プログラム
————————————–
19:00?19:05(5分)
趣旨説明
19:05?19:20(15分)
舘野泰一(東京大学大学院)「越境学習とイノベーション論の接続を:キャリア論を超えて」
19:20?19:30(10分)
伊達洋駆(神戸大学大学院)「オープンにすれどアライアンスできず:産学連携の観点からオープンイノベーションを考える」
19:30?20:00(30分)
福澤光啓(成蹊大学)「イノベーション論のこれまでとこれから」
20:00?20:30(30分)
宮尾学(滋賀県立大学)「イノベーション論と技術の社会的構成」
20:30?21:00(30分)
全体ディスカッション
————————————–
■ 募集人数
————————————–
募集人数は限定10名となります。
もし人数が超えてしまった場合には抽選とさせていただきます。
————————————–
■ 場所
————————————–
場所:青山学院大学 渋谷キャンパス
集合:18時45分までにお越し下さい
(※会場の詳細については、当選した方に直接お送りいたします)
————————————–
■ 参加費
————————————–
無料
————————————–
■ 企画者
————————————–
■企画者プロフィール
伊達洋駆
神戸大学大学院経営学研究科で研究を進めながら、
社会科学系の産学連携を推進・支援するリエゾン組織、株式会社ビジネスリサーチラボを経営
http://business-research-lab.com/
専攻は経営管理論、組織論
ダイヤモンド・オンラインにて「戦略的な『人事の采配』とは」を連載
http://diamond.jp/articles/-/23726
舘野泰一
東京大学大学院 学際情報学府 博士課程 中原淳研究室に所属
近年は「越境学習」に関する研究を行っている
『職場学習の探究 企業人の成長を考える』(日本生産性出版)
「第11章職場を越境するビジネスパーソンに関する研究
-社外の勉強会に参加しているビジネスパーソンはどのような人なのか-」を執筆
この他にも大学生を対象に「文章の書き方指導」に関する研究を行っている
Webサイト:https://www.tate-lab.net/mt/
twitter:https://twitter.com/#!/tatthiy
——————-
■ 参加条件
——————-
本勉強会の様子は、予告・許諾なく、写真・
ビデオ撮影・ストリーミング配信する可能性があります。
写真・動画は、舘野泰一、伊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です