べしゃり暮らし

内容

漫画の紹介です。今回紹介する漫画は、ROOKIESやろくでなしブルースでもおなじみの森田まさのりさんの漫画です。この漫画のテーマはズバリ「お笑い」です。高校生の主人公は、学校の中で、爆笑王と言われています。その主人公が、漫才をして芸人さんを目指すというストーリーです。

面白いポイント

「お笑い」というテーマを漫画で表現したというのが面白いなあと思います。なかなか難しいテーマなかんじがしますよね。

また、森田まさのりさんの漫画が面白いのは、「素直じゃないけど、まっすぐで不器用な男」の描き方がうまいんですよね。ROOKIESとも共通するかもしれませんが、本当は素直でまっすぐな気持ちをもった男の子たちが、不器用でうまく気持ちを表現できないながらも前に進んでいくところが面白いんですよね。

この本について語る

こないだ紹介したBAKUMANもそうですが、「お笑い芸人」とか「漫画家」のように、普通とはちょっと違う職業で、かつ、いま注目されている仕事をテーマとし、それになるためのプロセスを描いていく漫画がはやっているのかなとちょっと思いました。こういう漫画は面白いと思います。ある意味どちらも、創造性が必要となる職業ではありますが、それがどういうプロセスで行われているかを子どもたちが気軽に知ることが出来るのは教育的な意味においても非常に大きいのではないかと思います。

漫画はやっぱりおもしろいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です