月別アーカイブ: 2010年7月

マッスル院生への道 - ジムに通い始めて1年が経った

どうでもいいことかもしれませんが、本日でとうとう大学にあるジムに通い始めてから1年が経ちました!

gotoImage.jpg

今日はこの1年間のジム体験を少しだけご紹介できればと思います。ジムの話については、今後も「マッスル院生への道」として、シリーズ化したいと密かに思ってます(笑)

今回は

・どこのジムにいっているのか?
・なぜジムにいきはじめたのか?
・ジムではどんな運動をしているのか?
・で、筋肉はついたのか?

についてご紹介しようと思います。

○どこのジムにいっているのか?

うちの大学には「御殿下記念館」なるものがあります。そこにジムがあり、学生は一回300円で使うことができます。大学内にあるので、研究室から約5分という素晴らしい立地です!

御殿下記念館
http://www.undou-kai.com/goten/

料金の一回300円は意外とバカにならないんじゃないかという話もありそうですが、そこは「1年パス」的なものがあります。

しかも、1年パスの値段は、破格の「8000円」という安さです!
(よくこの話をすると、他のジムだと一ヶ月も通えないのでは?と言われます。)

まあもちろん安いので、おしゃれできれいなジムと環境を比べてはいけません(笑)。
でも学生には十分な環境と思われます。

○なんでジムにいきはじめたの?

みなさんの想像通り、大学院生は普通にしていたら運動する機会は全然ありません。「長時間PCを前に、ずっと座っていたりする」、そんな生活をしていると、激しく肩やら腰やら目などがやられます。

そんな環境はまずいので、なんとなく運動したいなあと思っていたら、お隣りの研究室で学年がひとつ下の岡本さんがジムに通っていたので、それに便乗して通い始めたというわけなのです。

(まあきっかけ自体は結構色々あって、「神戸大学の金井壽宏先生とお会いしたときに、とてもお忙しい人なはずなのに、あまりに血色がよいことに驚き、それを目標にしたいと思った」とかもありますw)

元々小さい頃から野球やサッカーなどをしていたこともあり、運動は好きなんですが、どうもジムっていうのは最初慣れなかったなんですよね。

というのも僕としては「野球とかサッカーに熱中しているうちに、結果的に筋肉もついている!」的なことになれていたので、「ジムにいく」っていうのはなんとも味気ないかんじがしたのですよね(笑)。
でもいまは完全に慣れました。

○ジムではどんな運動しているの?

ジムではだいたい以下のメニューをやっています。

・有酸素運動(バイクを20分程度)
・ストレッチ
・筋トレ(胸筋、背筋、腹筋、足腰系)

トータルで1時間といったかんじですね。
基本的にジム中はiPodを聞いています。

普通に音楽も聞いていますが、「英語のリスニング」とかをしていると、いつもより2割増で「俺、いま自分磨いてるやん!」という気持ちになれます(笑)

理想的には週3日行きたいのですが、なかなかそうもいかないので、2日だったり、1日だったりするときもあります。毎回だいたい18時から19時くらいにジムにいき、1時間くらい運動して、学食を食べるというかんじの生活ですね。

朝早くからちゃんと研究出来ていたり、忙しくないときにはそのまま帰りますが、やることが残っている場合は、また研究室に戻り、終電までいたりします。

○で、筋肉はついたのか?

僕は元々細いので、外から見るとそれほど変わったかんじがしないと思うのですが、自分的には満足いく結果になっています(笑)。

つまり、外からみて「君、筋肉あるねー」的なことを言われるほどには全然なってないと思いますが、「自分の中のビフォーアフター」は確実に実感できるかんじですね。

よくジムの効果は三ヶ月くらいで目に見えてくるとかいうと思うのですが、一ヶ月くらいでも、ほんの少しですが変化を感じるようになります。

さらに継続していくと、お風呂に入る前の鏡とかをふとみた瞬間に「あれ、なんか変わったか」と気づく瞬間があります(笑)

さすがに1年くらい通うと、昔ジャストサイズできていたシャツがきつくなってしまうなど、明らかに変化の実感を得ることができます。「太ってズボンが入らなくなった」とかとは、一味違った喜びがあると思います(笑)

○まとめ

さて、今日は僕のジム体験を少しだけご紹介いたしました。

ジムに行くことは、「見た目の筋肉をつける」というよりも、どちらかというと単純に「体を動かすと気持ちいい」ということが大きなモチベーションになっています。それを続けていたら結果的に筋肉もついていたみたいってかんじでしょうか。

あとはやっぱり、がんがん研究したりするためには「体力勝負」の側面も大いにあるので、そのためにいっているというのもありますね。

なかなか研究が忙しくなると行く回数が減ってしまうんですが、今年もなんとかこの習慣を続けていきたいなと思っています。

「これから鍛えたい!」とか思っている人になにか少しでも有意義な情報を提供できるように、これから少しずつまた記事を書きたいなと思っちえます。

○関連する本

別にこの本に触発されたわけではないんですけどね(笑)でもこの本、評判いいですよね。

近況を報告してみる -現在関わっているプロジェクト等を整理

さて、少しblogの更新が滞っておりました!まあ毎年6、7月はいろいろなプロジェクトが動き出し忙しくなる時期なので、どうもblogの更新が滞りがちになります。

今回は近況報告がてらに、自分が最近関わっているプロジェクトの一部について軽くまとめつつ紹介してみようかなと思います。

1.自分の研究関連

僕は「大学生のレポートライティングを支援するためのソフトウェア開発」を研究テーマとしています。これに関連して現在以下の3つをやっています。

・修論の内容の論文化
・新システムの開発(そろそろ詰めの段階)
・教育工学会の発表原稿執筆(新システムに関するもの)

執筆関連が2本と、評価実験直前というかんじでなかなか忙しいかんじです。現在やっている新システムの開発は、早稲田大学の大川内隆朗さんと共同研究で進めています。コンセプトは個人的に気に入っているのですが、もう一絞りというかんじでしょうか。

2.科研関係のプロジェクト

今年は大きく2つのプロジェクトに参加しています。

・大学のFDに関連するプロジェクト
・ロボットの教育利用に関するプロジェクト

FDのプロジェクトは去年から引き続きのものです。大学の先生(特に初任者)を対象に不安感・孤独感の低減を促すためのシステムを開発し、実践・評価を行っています。ナラティブセラピー等を考え方を援用した実践となります。こちらは東京大学の重田先生らと一緒に研究を進めています。

ロボット科研は今年スタートするプロジェクトになります。こちらは東京大学の三宅なほみ先生や、指導教員の中原先生とともに行っているプロジェクトです。「内省を促すロボット」ということを1つのテーマとして研究を進めていく予定です。

3.研究室でやっているプロジェクト

研究室関連プロジェクトとしては

・調査に関するプロジェクト
・JR東日本さんとの共同研究

の2つをやっています。

調査に関するプロジェクトについては詳しくは書けませんが、少し規模の大きいアンケート調査をする予定です。僕はこれまでアンケート調査をした研究はしたことがないのでとても新鮮です。

尺度を探すだけではなく、尺度作成のプロセスを体験したり、調査会社の人とやりとりをしたりと、これまでにない体験をしています。なかなか大変ですが、学ぶことが多いプロジェクトです。

もうひとつは、中原先生がJR東日本さんと行っている共同研究に関するプロジェクトです。この研修は明日実施されますが、私も研究室メンバー数名とともに参加してきます。

4.その他(自主的に運営・参加している勉強会など)

今年自主的に運営・参加している勉強会の主なものとして

・高等教育に関する勉強会
・協調学習に関する勉強会
・いきいき研究室増産プロジェクトとのコラボ

があります。

高等教育に関する勉強会はすでに1年以上やっていますが、今年に関しては、「あらためて高等教育において重要なトピックを復習する」ということをやっています。「初年次教育」というトピックや、最近の大学生調査など幅広く文献を読んでいます。

協調学習に関する勉強会は以前このblogでも内容を紹介しました。「協同の知を探る」を読んでいるのですが、あらためて読み直すと新しい発見がたくさんです。7月でひとまずこの勉強は一段落するんじゃないかと思います。

いきいき研究室増産プロジェクト(通称:いきいき研)とは、以前このblogでも紹介したと思いますが、「大学の研究室がいきいきすること」を目的にワークショップ等、さまざまな活動をしている団体です。コラボというほど大げさではないですが、最近少し新しい試みについてチャレンジ中です。こちらについてももう少しはっきりしてきたらこちらでご紹介できればと思います。

ざっと挙げるとこんなかんじでしょうか。

この他にもいろいろな方に勉強会やプロジェクト参加への声をかけていただき、とても刺激的な毎日を送っています。

なかなかお誘いいただいたのに、スケジュール的に参加できないことも多く心苦しいのですが、タイミングがあえばぜひ参加したいなと思っています。

正直体がついてこないなと思うときもあるんですが(笑)、まあなんとかひとまず7月を走りきりたいと思っています。


▽参考

いきいき研究室増産プロジェクト
http://www.ikiiki-lab.org/

協同が生み出す成果や、成功の条件を科学する! – 「協同の知を探る」勉強会
https://www.tate-lab.net/mt/2010/06/kyoudou.html