「地域と医療」について考えるLEGOワークショップを実施してきました!

zentai1.jpg

先日一般社団法人Medical Studioさんから依頼を受けて「地域と医療」をテーマにしたワークショップを実施してきました。私は「医療」に関する専門家ではありませんが、最近医療関係の方とお会いする機会も多く、自分としても関心を持っているためご協力させていただきました。

■どんなワークショップだったのか?

今回のワークショップは、「ジェネラリストプラス2013」というシンポジウムのひとつのプログラムとして実施させていただきました。参加者は、医師の方に限らず、看護師の方から行政関係の方までかなり多様でした。ワークショップ自体の参加者は約60名くらいでしょうか(プログラムが並列していたのでイベント全体はもっといます)

今回のワークショップでは大きく以下の2つをゴールとしていました。

1.「地域と医療」の理想像の共有
2.理想をもとに「具体的なケース」について考え、理想と現実の間にどのようなギャップがあるかを知る

今回はLEGOを使うことで、この2つについて考えるワークショップをデザインしてみました。具体的なケースを考えるところについては、村岸峯子さん(公益社団法人日本看護協会健康政策部長)にご協力いただき、話題提供やフィードバックをいただきました。

■変わる医療のイメージ

lego_2.jpg

今回ワークショップを実施する上で、私も「地域と医療」について多少勉強したり、実際に関わっている方からお話を伺わせていただいたのですが、医療のイメージというのはどんどん新しく更新されているのだなと思いました。

例えば、地域と医療について作成したLEGOを見ていると「乗り物に乗っている医師」などがよく登場してきます。これは「医師と病院」が切り離されたイメージといえると思います。また、地域と医療の問題を解決するためには、「医療関係者」だけでなく、「新聞配達の人」など、「地域にいる人」というのも非常に重要なプレーヤーとなっていきます。

これらのイメージは「問題が起こった人に対して、特定の場所で専門家が専門的な処置をする」というイメージとはまた異なるものだなと思いました。

■「役割の再構築」という視点

最近私は医療に限らず、サイエンス、アート、大学図書館などさまざまな場所でワークショップの依頼を受けることがあるのですが、これらに共通した視点のひとつは「役割の再構築」なのだろうなと思います。「役割」を「専門性」とか「プロフェッショナル」と言い換えてもいいかもしれません。

これまでの「役割のイメージ」、例えば「医師の役割はこれ」というものを、内部、外部ともに少しずつ変化させていく過程でワークショップという手法がとられているのかなと思います。

今回のワークショップでも、参加することで役割や専門性のイメージが全てがらっと変わったということはありませんが、自分たちがどのような役割イメージを持っていたのかを意識するきっかけになったのではないかと思います。

■ワークショップを実施してみて思うこと

参加者のみなさんが非常に楽しそうに、いろいろなことを語っている様子が非常に印象的でした。ワークショップ後に、一緒に話したチームで記念写真を取っているシーンも見かけました。

ワークショップによって「何を学ぶのか」ということも重要ですが、そこで出会った人と「また会いたい」と思えることも同様に重要だと思うのですよね。実際になにかを変えていくためには、組織を超えた協調が必要になるわけで、そうしたことをする上での重要なつながりになると思います。

また、今回のワークショップをやってみて思うことは、医療に限らず、教育についても「地域」という発想は非常に重要になってくるだろうなということでした。

病院や学校という一つの組織の中でやるべきこと、やれることともたくさんあるのですが、その単位では対応できない問題も多いのだと思います。となると「研究領域」や「場所(学校や病院)」に限定せずに、もう少し大きな視点としての「地域」というキーワードは非常に重要になるのではないかと感じました。

ということで、今回のワークショップは、私にとっても非常に多くの学びがありました。個人的には、今後少し医療関係の研究会やワークショップもやってみようかと思っています。もしなにかお声がけいただければ出来る限りご協力させていただければとも思っています。

今回お声がけしていただいたMedical Studioのみなさま、参加者のみなさま、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

■ちなみに

今回参加して下さった方のなかには、自分の職場でもLEGOをつかって今回のようなことをしてみたいという方もおりました。ぜひ実施していただきたいなと思います。

注意点としては、ワークショップ当日は以下の青いバケツを使いましたが、実際はピンクのコンテナデラックスなど、ブロックや人(キャラクター)をたくさん補充しているのですよね。なので、「青いバケツ買ったのに、これだけしか入ってないの!?」とならないようご注意ください(笑)

大学時代の「異質な他者とのつながり」は会社に入ってからどのような意味を持つか?:日本教育工学会第29回全国大会に参加してきました!

この三連休は日本教育工学会第29回全国大会に参加してきました。今年は秋田大学で開催されました。秋田ははじめてでしたが、料理もおいしく、人もやさしくとてもよい場所でした。

日本教育工学会 第29回全国大会 2013年9月20日(金)?23日(月)
会場:秋田大学(手形キャンパス)
https://www.jset.gr.jp/taikai29/

日本教育工学会では、いつもアカデミック・ライティングの指導に関する発表をしていたのですが、今年はいつもとは違うテーマで発表をしました。具体的には以下のタイトルになります。

舘野泰一,溝上慎一,中原淳,木村充,保田江美,河井亨(2013)大学時代における人間関係の構築が入社後の初期キャリアに与える影響.日本教育工学会第29回全国大会講演論文集,pp.995-996

これは京都大学の溝上慎一先生の研究チームと東京大学の中原淳先生の研究チームで行っている共同研究プロジェクトに関する研究です。

この調査プロジェクトは、社会人を対象にした調査で、あえておおざっぱにいうならば「社会で活躍している人は、大学時代に何をしていたのか?」について分析を行っています。

私が特にその中でも担当しているのは「大学時代の人間関係」です。もう少し具体的にいうと「異質な他者とのつながり」が、入社してからの組織への適応にどのような意味を持つのかについて分析、考察しています。

興味がある方はぜひお声がけいただければと思います。なお、この研究成果は文章にまとめ、書籍などの形で公開される予定です。

学会に参加すると、研究に関する知見が増えるのもそうですが、多くの方とお会いできるのも魅力です。

研究をはじめるきっかけになったような大先生から、研究でお世話になった先輩、同じような境遇でがんばる同期、新しく研究をはじめる後輩などなど、さまざまな人と話ができます。こうした人との出会いを通して、研究に対する情熱があらためて刺激されました。

三日間ともに色々な人と飲みつつお話をしていたので、かなり寝不足になり、今日はへろへろではあるのですが、学会で得た知識や、情熱をもとにさらに研究を進めていきたいなと思います。

学会を運営されたみなさま本当におつかれさまでした!

京都外大の村上正行先生が、学会中につぶやかれたツイートをまとめてくださっていますので、興味のある方はこちらもぜひご覧下さい。

Togetterのリンク

【イベントレポート】説得するのは「社外」でなく「社内」?:イノベーションの鍵となる「社内説得」の理論と実践を学ぶ

1209001_494767840618930_2002103392_n.jpg

昨日はこちらの研究会を開催いたしました。

説得するのは「社外」でなく「社内」?:イノベーションの鍵となる「社内説得」の理論と実践を学ぶ
・福澤光啓さん(成蹊大学経済学部)
・伊達洋駆さん(神戸大学大学院/ビジネスリサーチラボ)
・舘野泰一(東京大学大学総合教育研究センター)

今回の研究会のテーマをあえてひとことでいうならば「イノベーションが実現しないのはよいアイデア・技術がないことが問題なの?」ということです。

クリエイティブなアイデアを考えるということはとてもワクワクすることですし、そういう場をつくることも魅力的です。しかし、必要なことは本当にそれだけなのかということを、伊達さんと福澤さんに話題提供をいただき、参加者のみなさんと一緒に議論をしました。

■実践編:伊達洋駆さんの話題提供

伊達洋駆さんには「実践編」ということで、実際に伊達さんが関わった「社内でイノベーションを促進する試みをしたA社の事例」や、「社内説得がうまくいくときの条件」などについてお話いただきました。

伊達さんのセッションでは、「一般的にどうか」「研究的にどうなっているか」ということではなく、あえて「目の前で起こっていることはどのようなことか」ということに焦点化してお話していただきました。うまく説得が進むときにはどういうときかについて、具体的な事例をもとにお話いただきました。

■理論編:福澤光啓さんの話題提供

福澤光啓さんには「理論編」ということで、「イノベーションの理由」の書籍で紹介されている「創造的正当化」の理論のご紹介や、戦略論の視点から「社内でイノベーションを起こすこと」やインテルの事例について話題提供をいただきました。

福澤さんのセッションでは、個別の事例に限らず、「事例に共通する点」や「研究として明らかになっていること」を中心に、広く全体の傾向を押さえるようなかたちでお話していただきました。

■ダイアローグ・セッション

今回ぼく自身は話題提供をしませんでしたが、全体のプログラムの設計や当日のファシリテーションをさせていただきました。各セッションの間にダイアローグ・セッションを設け、参加者の方々同士で議論をしていただきました。また、最後の20分は、参加者の方に書いていただいた質問をベースに、より議論を深めていきました。

非常によい質問がたくさんいただき、私たちもそれに答えるなかで「ああ、そこがポイントかもしれない」という発見がたくさんありました。

■社内説得の極意とはどこにあるのか?

今回の研究会をしてあらためて感じたのは、イノベーションとは「矛盾のかたまりである」ということでした。

「イノベーションは新しいから経済的合理性が主張できないが、それゆえに資源動員がなされない」

「組織にとって安定することは大事であり仕組みをつくることは重要だが、それゆえにイノベーションの芽がつぶされてしまう」

「イノベーションが成功したことによって安定するが、それゆえに安定を求める人がたくさん入社してきてしまう」

よく考えてみると、ここに登場してくる人たちは「それぞれにとってはある意味正しいことをしている」のがややこしいのですよね。別に「邪魔したいだけ」でやっているわけではなく、組織として、個人としてということを考えた場合に、ある意味では合理的に行動をしているわけなのです。

しかし、それを続ける限りにはブレイクスルーは起こりません。そこを乗り越えるひとつの方法が「社内説得」であり、福澤さんのセッションで紹介された「創造的正当化」という言葉になります。

普通なら通らないことが進み出すためには、かなりコツコツとした活動が必要になります。仲間を増やしたり、説得の内容を変えたり、権限のある人にアプローチをしたりと、ある意味でいえば泥臭い営みといえるかもしれません。「新しいアイデア」というキラキラしたイメージはそこにはあまりないともいえるでしょう。

社内説得は「どうやったらうまくいくか」というテクニック的な要素もありますが、これをやりとげるためには「使命感」ともいえるくらいの大きな気持ちや情熱が必須になってくるのだろうなということをあらためて感じました。

このテーマについては、今後も引き続き研究会などを行っていく予定ですので、ご興味がありましたらぜひご参加下さい。twitterやblogなどで告知をいたします。

今回の研究会にご参加いただいたみなさま、話題提供してくださった伊達さん、福澤さん、イベントのお手伝いをしてくださった保田さん、舘野さん、柴田さん、どうもありがとうございました。

■関連するリンク

この研究会の内容に関するブログ記事はこちらになります。

「新しいものが必要だけど、前例がないからお金や人を出せない」という矛盾を超えるには?
http://www.tate-lab.net/mt/2013/08/post-285.html

イノベーションが実現するまでの時間、困難、解決策は?
http://www.tate-lab.net/mt/2013/08/post-289.html

「そんなことで驚くの?」:「普通のこと」を話す意味
http://www.tate-lab.net/mt/2013/08/post-290.html

昨日参加して下さった方が感想を書いて下さいました。

【大人の学ぶ技術】社内説得の技術とイノベーション
http://archive.mag2.com/0001595308/index.html

■関連する書籍

イノベーションの理由 -- 資源動員の創造的正当化
武石 彰 青島 矢一 軽部 大
有斐閣
売り上げランキング: 212,956

「ソーシャルなランチ」を気軽に楽しむ:月に2回のランチ会

YUK_cafehitoyasumi500.jpg

今年の4月くらいからですが、月に2回、ちょっとソーシャルなランチ会をしています。今日はそこでやっていることについて簡単にご紹介できればと思います。

■どんなことやっているの?

月に2回、月曜日の12時から大学内の決まった場所でお昼ご飯を食べるというとてもシンプルな会を開催しています。お昼ご飯は各自で持参です。

ポイントはちょっとだけソーシャルなことです。参加者が毎回新しい友達を連れてくるので、知らぬ間にどんどんと友達が増えてきます。

■なぜそんなことをはじめたのか?

最初のきっかけは「同じ大学でも意外に人とのつながりが薄いなあ」ということでした。大学内に同じような興味関心を持っている人がたくさんいるはずなのに、意外に出会うのは「大学の外」だったりするんですよね。

ぼくの場合は、教育関連の研究をしているので、教育学系のことを研究している人たちや、教育に関わるいろいろな実践をしている人ともっと気軽に会いたいと思っていました。

そこで教育学研究科の町支大祐さんに声をかけて、お互いの知り合いを誘って週に一度くらいランチでもしませんかというのがはじまりでした。最初は外食だったのですが、ランチの時間帯は外にでると慌ただしいので、学内にご飯持参というスタイルにしました。

■どういう仕組みでやっているの?

仕組みはいたってシンプルです。単に「時間と場所」を決めて、参加したい人がそこに集まるというスタイルでやっています。現在は約30名の人が、一度参加してくれたり、興味を持っている人たちなので、その人たちに「時間と場所」を告知しています。

そうすると、その時間が空いている人、だいたい5〜10名の人が毎回参加してくれるかんじです。このメンバーは毎回かなり入れ替わっていて、それも面白いです。

一応毎回ファシリテーターをひとり決めて、その人が「日程のリマインド」「当日の簡単な仕切り」「なるべくひとり新メンバーを連れてくる」「次のファシリテーターを決める」という役割をもって実施しています。

■どんな人が参加しているの?

参加メンバーは基本的には学内の人が多いですが、特に限定はしていません。大学内で12時〜13時に気軽に参加できることをもっとも重視しています。気軽さが重要です。

広い意味で教育に関心のある人が多いと思うのですが、学部生、院生、教員、職員と立場はさまざまです。それがまた面白いです。

■ランチでやることのメリットは?

ランチでやることのメリットはたくさんあります。これは夜の飲み会とかと比べるとはよりはっきりします。

  • 時間をあまりとられない:ランチの時間はどうせ取るので、プラスアルファで時間をとられません
  • 時間の終わりが明確:13時から仕事や授業がはじまるので、時間が長引かずだらだらしません
  • お金がかからない:飲み会と比べて、それほどお金がかかりません(ランチ代のみ)
  • 行っても行かなくてもいい:場所やコースを予約するわけではないので、行っても行かなくても自由です

また、2週間に一度ペースでやっているので、それも気軽にできるひとつの要因かもしれません。気がつけば4月〜8月までいいペースで開催されています。

■やってみてどう?

単純に面白いです。ランチなので、ごはんを食べながら話しているので、特にアジェンダなどが決まっているわけではありません(笑)。自己紹介をして、なにかしゃべるということを繰り返します。

ただ、「自己紹介を繰り返す」というのも実はけっこう重要だと思っていて「自分の専門以外の人に、自分のことをどう紹介するのか」ということを練習するよい機会になると思います。

また、特にテーマを決めなくても、気づけばまじめな話になってきます。同じ大学で、同じように教育に関心をもっているからといって「単一か」と言われると全然そんなことないんですよね。

例えば「研究」ということひとつとっても、「教育に関わる研究をしている」といってもみんな色んなことをしているわけです。

「政策レベルなのか、学校レベルなのか、授業方法レベルの研究をしているのか」というところでも全然違いますし、「小中高大のどれなのか、教科はなんなのか」とかやっていくと、本当にバラバラです。

聞きたいことを素朴にお互い聞いていると、知らぬ間に話が深まっていくというケースが多いような気がしています。

■今後はどうするの?

今後もマイペースにやっていきたいなと思っています。こういう企画はゆるさが大事です。でもゆるくても、毎回ペースよく開催されるためのサステイナビリティや、メンバーが固定化しない仕組みが大事かもしれません。

この会には、元々留学生のひとたちも参加してくれていたのですが、最近少しずつグローバル度がましていって、英語をつかったりする機会にもなりそうです。

あまり人数が拡大するといまのような仕組みが維持できない可能性があるので、基本的には小規模で実施していこうと思っていますが、もし興味があるよという人は、気軽にFacebookやtwitterなどでお声がけくださいませ。

■まとめ

今日はランチ会について紹介をしてみました。イベントというほど大げさでも、ワークショップというほど活動をつくったりしているわけではないのですが、「あの時間にあの場所にいけばだれかいる」という安心感は、コミュニティのコアになる部分なのではないでしょうか。

先日以下のブログを書きましたが、今回の実践はある意味「普通のこと」を多様なひとでゆったりと話す場所なのかもしれません。

「そんなことで驚くの?」:「普通のこと」を話す意味
http://www.tate-lab.net/mt/2013/08/post-290.html

■関連する本

私もおかげさまでいくつか書籍を書かせていただくようになったのですが、もっともよく声をかけてもらうのは実はこの本だったりします。中原淳先生と舘野、安斎勇樹くんのインタビューが掲載されていますのでよろしければご覧下さいませ。