月別アーカイブ: 2013年2月

研究知見をどのように広げていくのか?:学習科学ワカモノ勉強会に参加してきた

今日は第4回学習科学ワカモノ勉強会に参加してきました。この勉強会は静岡大学の益川弘如先生が中心になり、望月俊男先生(専修大)、北澤武先生(東京未来大)、尾澤重知先生(早稲田大)、齊藤萌木さん(東京大)たちが企画しているものです。僕も企画者の一人として加えさせていただいております。今回は4回目になります。2回目、3回目は事前に別の予定が入ってしまっており、久しぶりの参加となりました。

今回は2つの発表をもとに参加者で議論するものでした。

1つ目は、以下の書籍を題材に、デジタル教材のデザインに関して議論しました。

山内祐平(編)(2010)『デジタル教材の教育学』東京大学出版会

デジタル教材の教育学
デジタル教材の教育学

posted with amazlet at 13.02.02
山内 祐平
東京大学出版会
売り上げランキング: 60,643

2つ目は、放送大学『学習科学』第13章「学習環境を総合的にデザインする」を題材に、神戸大学附属住吉小学校での総合的な時間でKnowledge Forumを活用した実践についてビデオを見たり、議論をしました。今回はこのプロジェクトに関わっていた神戸大学の山口悦司先生にご参加いただき、質問などに答えていただきました。

学習科学 (放送大学教材)
放送大学教育振興会
売り上げランキング: 1,004,049

どちらの実践もすでに一度勉強したことのある内容でしたが、あらためて話を聞いたり議論する中で、新しい発見がありました。

例えば、1つ目の発表では、デジタル教材と学習理論の対応関係についてあらためて整理して理解するきっかけになりました。そしてこうやってあらためて整理してみてみると、理論と教材(実践)の関係についてあらためて考えるきっかけになりました。

・あらたな理論がでてくることで、新しい教材がつくれるのか
・新しい教材をつくることが可能になることで、理論が追いついてくるのか

このあたりの部分は今後も少し考えたい点でした。

2つ目の発表では、Knowledge Forumに関する実践を見ました。こちらもあらためてみてみるととても面白かったです。この実践についてはこちらのリンクをご参照ください。

こちらの発表を聞いて思ったことは、先進的な実践をどのように広げていくのかということでした。例えば、

・大学の先生と現場の先生が協同するプロジェクトは、最終的に先生だけでできるようにすることを目的にしているのか?もしくは基本的にはずっと、ともにやっていくことをゴールにしているのか

・こういう先進的な事例をベースに、他の学校で実践できるようなパッケージは作成することができるのか?もしできるとしたら、そこには研究者が入らなくてもできるのか

などを素朴な疑問として思いました。

もちろん、学習研究のひとつの方向として「とにかくこれまで見たことのない新しい学習環境をつくる」ということはとても大事なことだと思います。これ自体が非常に難しいですからね。ただ、もし成功したとしたら、それをどのように広げていくのかなどは次に考える点になるのかなと思いました。

ということで、今回は久しぶりに参加したのですが色々と考える点がありました。やはり事例をもとに議論するのは大事なことですね。こちらの研究会のFacebookページはこちらになりますので、よろしければぜひご覧下さい。

学習科学ワカモノ勉強会

https://www.facebook.com/LSwakamono

「問い」からはじまるワークショップ!:Toyful30を実施しました

toyful30.jpg
少し前の12/8,9になりますが、中原淳先生や上田信行先生らとともにToyfulMeetup2012というイベントを実施しました。参加者約100名のイベントで、奈良のneomuseumで実施したイベントです。
僕はこのイベントのひとつの企画として「Toyful30(トイフル・サーティ)」というワークショップを実施しました。今回はその企画についてご紹介できればと思います。

Toyful30とは「問いに溢れた30分」ということを意味しています。今回ToyfulMeetup2012に参加してくださった方の中から「みんなと一緒に考えたい問い」がある人を約20名募集し、その人たちとともに「問い」について考えるというものです。
20名の人には30分の時間を自由につかっていただきます。一応決まりとしては、「問いに関するプレゼン」は最大でも10分以内にしていただき、その問いについて考えることを20分は確保していただくようにしました。問いのテーマは「学び×これから」を満たすものであればなんでもOKにしました。
セッションはパラレルで行います。よって、一度に10程度のブースができ、参加者の方は一緒に考えたい問いがあるブースに自由に移動するというかたちにしました。

今回「問い」としてでてきたものは実に多様でした。例えばその一部を紹介すると、
・「やりたい」と「やる」の間になるものは?
・こどもが自立するためにどんな学びが必要か?
・聞く・聴くということについて
・個人の成長・組織の成長
などがありました。問いは全部で約20個ありましたが、どれも面白い問いでした。
印象的だったのは、
・具体と抽象の行き来が議論で起こること
例)「私の会社では・・・」と「学びとは結局・・・」
・「先生」が聞き手として参加していること
例)神戸大の金井先生が聞き手として、参加者の発表に耳を傾けコメントをしている
・30分という時間が絶妙に話したりないこと
例)このセッションの後のお風呂がやけにうるさかった(笑)
といったことでした。僕も会がはじまった後は特にファシリテーションをするというよりも、面白いと思うところの話を聞いたり、コメントしたりというかんじで、私自身も参加者のようでした。

参加者の方に時間を割り振って運営するタイプのイベントはこれまで「プチ学会」というものを実施していたりしたのですが、今回のように「問い」に絞って実施するのはなかなか面白い経験になりました。
この形式のワークショップはこのときに一度やっただけなので、今度は東京でも実施しようと思い現在計画中です。東京でやるときには、一度「大学生」に絞って、「大学生限定Toyful30」をやろうと思っています。大学生のみなさんが普段素朴に抱えている問いを持ち寄っていただき、大学や学部、学年の垣根を越えて語ったら面白いだろうなと思っています。興味のある人はぜひ僕に声をかけてください。企画から関わりたいという方もぜひ募集しています。
連絡はtwitter、Facebookもしくは、お問い合わせからどうぞ!
■関連する本
toyfulmeetup2012は「プレイフル・ラーニング」の出版記念イベントでもありました。僕もコラムで「予定調和を超えた場のデザイン」について書いていますので興味のある方はぜひ読んでくださいませ。

プレイフル・ラーニング
上田 信行 中原 淳
三省堂
売り上げランキング: 3,853

■関連リンク
プチ学会などについては僕がやっている「Unlaboratory(アンラボラトリー)」というwebをご覧下さい。
https://www.facebook.com/Unlaboratory
toyfulmeetup2012 Facebookページ
https://www.facebook.com/ToyfulMeetup2012