月別アーカイブ: 2011年4月

【お知らせ】Facebookはじめました!-使ってみて感じた3つの感想-

いまさらであり、しかも芸人のAMEMIYAの歌に出てきそうなタイトルですいません。
※AMEMIYA知らない人は文末に参考リンク貼りました。

さて、とうとうFacebookはじめました!いままでやろうやろうと思っていたものの、どうも億劫でやっていなかったのですが、先日思い切ってスタートしてみました。

舘野のFacebook
http://www.facebook.com/yoshikazu.tateno

まだはじめたばかりで色々わかっていないんですが、もしよかったら「友達登録」してくださいませ!
あとおそらく僕が見つけられていない方もいると思うので、「友達紹介」なども大歓迎です。

ついでに、このブログ記事にも「いいね!」ボタンを設置してみました!よろしければぜひボタン押して下さいませー。

まだアカウントを作ってから2,3日しか使っていませんが、なかなかFacebookは面白いですね。感じたことを3つくらい書いておきます。

1.Facebookのインタフェース・文化は独特

はじめに驚いたのは、Facebookのインタフェースとかがけっこう独特だなあということです。SNSなんでmixiみたいなもんかなと思ってはじめたものの、「何していいかわからん!」という状態に陥りました。それだけやはり独特なんですね。でも使っていくと、なかなか馴染みやすい設計になっているなあと思います。

@2gta9さんによると、「慣れるとmixi使えなくなりますよ。ほんと良く考えられてる。」とのこと。使えば使うほど良さがわかるのかもしれませんね。

2.一人がなにかすると全員が連動するシステム

Facebookが面白いなと思ったのは、とにかく他人がなにかしたことがどんどんシェアされる点ですね。なので、一人がFacebookをはじめると、色々な人に影響を与えていくことになります。あの人とあの人が友達になったのかとか、ある意味わずらわしさもあるかもしれませんが、一人が動くことで、全体がどんどんと動いていくような仕組みがあることは面白いなと思いましたl。

3.「いいね!」という文化

いまさらですが「いいね!」ボタンというのはなかなか面白い仕組みだなと思いました。はてなブックマークや、twitterのRTなどとかなり似てはいるんですが、なんかうまく動いているように見えます。このあたりはまだうまく言語化できていません。ただ、この仕組みに対する直感的な面白さをあらためて感じました。

さて、まだ使って2,3日のにわかユーザーですが、一応思うことを書いてみました。
これからまた少しずつ使って感想などを書いていきたいと思います。

使い方もあんまりよくわかっていないので、こうするといいよ!というのがあったら、twitterなどで教えて下さいねー!

舘野(@tatthiy)のtwitterアカウント
http://twitter.com/#!/tatthiy

■Facebook本

ブクログの読みたいリストにいれていたイケダハヤトさんのFacebook本もさっそく読んでみようと思います!

■AMEMIYAとは?

AMEMIYAオフィシャルブログ Powered by Ameba
http://ameblo.jp/amemiya-only1/

AMEMIYA – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/AMEMIYA

【コラム】これから研究をはじめる人におすすめする以前書いた3つの記事

さて、新年度ということで、以前書いた記事の中で、これから研究をはじめる人におすすめする3つの記事をセレクトしてみました!

■1つ目の記事は「先行研究の調べ方・まとめ方」に関するものです。

新しい研究をはじめるときには、なにはともあれ先行研究を調べることから始まります。しかし、先行研究を調べるというのは、なかなか奥深い作業です。そこで、以下の記事では、僕なりに先行研究をまとめる上でのポイントについて書いてみました。

僕が中原研で学んだ「先行研究の読み込み」に必要な3つのポイント – tate-lab – 教育・学習について研究する院生のblog
http://www.tate-lab.net/mt/2010/04/post-176.html

■2つ目の記事は「プレッシャーとの付き合い方」に関するものです。

研究を進めるプロセスでは、原稿の締め切りや発表等、様々な機会でプレッシャーと付き合っていかなくてはいけません。そんなプレッシャーとどうやって付き合うべきかについて書いたのが以下の記事です。

修論・卒論のプレッシャーと戦うあなたへ!-スポーツのメンタル・コーチに学ぶプレッシャーとの付き合い方- – tate-lab – 教育・学習について研究する院生のblog
http://www.tate-lab.net/mt/2011/01/honban.html

■3つ目の記事は「運動」に関するものです。

研究生活を始めると、「目が疲れる・肩がこる・首や腰が痛い」など、体にいろいろな症状がでてくる場合があります。こうした症状に対処するためには、やはり適度な運動をすることが大事になります。研究もある意味、肉体作業なんですよね。以下の記事では、僕が通っているジムと、その生活について書いたものです。

マッスル院生への道 - ジムに通い始めて1年が経った – tate-lab – 教育・学習について研究する院生のblog
http://www.tate-lab.net/mt/2010/07/–2.html

ということで、3つの記事をまとめてみました!

これらの記事は、自分以外のだれかに向けて書いているのもありますが、実際は「自分のまとめ」として書いている部分が多くあります。僕も新年度なので、あらためて記事を読み直し、充実した研究生活を送りたいなと思っています!

ぜひみなさんもよい新生活をスタートさせてください!

【お知らせ】論文が掲載された学会誌がでました!

先日投稿した論文が掲載された雑誌がとうとう発行されたようです!

日本教育工学会誌の34(4)に掲載されました!
実はまだ僕が本体を確認していないので、ページ数がわからないのですが、確認し次第更新したいと思います。
(ページ数更新しました!)

舘野泰一,大浦弘樹,望月俊男,西森年寿,山内祐平,中原淳(2011)アカデミック・ライティングを支援するICTを活用した協同推敲の実践と評価.日本教育工学会誌.34(4),417 – 428

日本教育工学会のページ
http://www.jset.gr.jp/pg/papersearch/passedpapers_detail.php?papers_year=2010&magazine_name=%C6%FC%CB%DC%B6%B5%B0%E9%B9%A9%B3%D8%B2%F1%CF%C0%CA%B8%BB%EF%A1%CA%CF%C2%CA%B8%BB%EF%A1%CB&passed_no=34%B4%AC4%B9%E62011%C7%AF3%B7%EE+

この論文は、大学生のアカデミック・ライティングを支援するための実践を論文としてまとめたものです。この研究は本当に苦労の多いものでしたが、その分色々なことを学びました。関係者のみなさま、本当に色々とありがとうございました!

ちなみにですが、年度もあらたまったということで、昨年度の業績を全てまとめ、業績リストを更新しました!まだ、ページ数の詳細が確認できていないものがありますが、基本的には網羅されていると思います。

tate-lab 研究業績
http://www.tate-lab.net/mt/post.html

昨年度の業績は2010〜2011年のものですね。メインでやっているライティング関係に加えて、

  • FDに関する研究
  • 文系大学院に関する研究
  • 社会人向けの調査に関する研究
  • 研究室マネジメントに関わるワークショップ

など、昨年度も色々な領域の研究をしました。

今年はライティングに関する新しい研究についても論文投稿する予定ですし、昨年度から行っている調査に関する研究等も発表する予定です。

今年も色々な成果をだせるようがんばっていきたいと思います!

新年度ですし、ブログ再開します!

とても久しぶりにブログ更新です。
最初に、このたびの大規模な地震により被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

さて、まあいまさらかもしれませんが、3/11の地震は本当にすごかったですね。僕はたまたま実家にいたんですが、まあもうすごい揺れで、本棚から本は落ちまくるしで、「こりゃあただ事じゃない」と思いました。

あの日から約3週間くらいになるでしょうか。まだ3週間のような、もう3週間のような、へんなかんじですね。

地震後も余震・原発・停電と、いろいろな不安に悩まされてきましたが、ようやく少しずつ気持ちの切り替えができてきたように思います。少しずつですけどね。

なんとなくあの日以来、ブログやブクログなど、いろいろなことをする気持ち的な余裕もなかったんですが、また少しずつ色々書きたい事などもでてきたので、またこれから少しずつブログを更新していきたいと思います。

今回はとりあえず、「ブログ再開するよ!」っていうことです!
今年度もよろしくお願いします!