月別アーカイブ: 2011年12月

【まとめ】2011年に激しく読まれた9つの記事(研究術を中心に)

そろそろ2011年も残すところあとわずかになりました。そこで、今年書いた記事の中で、多くの人に読まれた記事をここにまとめておこうと思います。

こうしてまとめてみると「研究の進め方」に関する記事が多いことがわかります。

・本(先行研究)の読み方
・まとめ方
・研究を進める上での気持ちの持ち方

などですね。

この他にも、2010年に書いた、東京糸井重里事務所に行ったときの記事が、今年になってたくさんアクセスが集まり、なんと最後には糸井重里さん本人にも読んでいただき「面白い」と感想をもらうなど、今年もたくさんのことがありました。

来年もいい記事をたくさん書けるように、たくさんのネタを仕入れたいと思っています。

では、今年の人気記事をお楽しみ下さい。

1.【コラム】研究テーマを決めるときの3つの視点
http://www.tate-lab.net/mt/2011/11/post-212.html

2.「先行研究のまとめ方講座」を実施しました!(@青山学院大学)
http://www.tate-lab.net/mt/2011/11/post-211.html

3.大学生からの本の読み方-本を読むのは知識を得るためだけではない
http://www.tate-lab.net/mt/2011/10/read-book.html

4.修論・卒論のプレッシャーと戦うあなたへ!-スポーツのメンタル・コーチに学ぶプレッシャーとの付き合い方-
http://www.tate-lab.net/mt/2011/01/honban.html

5.「見せたくない!」と恥ずかしがらず、仕事を小出しして見せる技術を身につけよう
http://www.tate-lab.net/mt/2011/08/post-208.html

6.「話が広がりやすい自己紹介」を書くための3つのポイント
http://www.tate-lab.net/mt/2011/10/post-209.html

7.【コラム】これから研究をはじめる人におすすめする以前書いた3つの記事
http://www.tate-lab.net/mt/2011/04/post-205.html

8.【コラム】2011年1月を高速で振り返る!(印象的な7つのできごと)
http://www.tate-lab.net/mt/2011/02/20111.html

9.「いいんだけど、面白くない」を超えて – 東京糸井重里事務所に行ってきた!
http://www.tate-lab.net/mt/2010/10/hoboniti.html

来年も精進します!