【動画公開】2017年度 立教大学経営学部 リーダーシップ入門(BL0)「ポスター発表」

 

立教大学経営学部 1年次生対象の自動登録科目「リーダーシップ入門(BL0)」のポスター発表の様子を動画にまとめました!

今年度の連携企業は株式会社ビームス様です。経営学部の1年生約400人が以下の課題に取り組んでいます。

「メンバーの誰かがジブンゴトとして捉えているテーマを1つ選んで、BEAMSができることを提案せよ」

ポスター発表は「中間発表」としておこなわれ、先輩、教員、OB・OG、協力企業のみなさまなど、総勢600人規模でおこなわれました。

動画でその様子が伝わればと思います!動画は経営学部の2年生が作成してくれました。

撮影:尾花俊弥(立教大学経営学部2年:2017年度時点)
動画作成:佐々木李希(立教大学経営学部2年:2017年度時点)

授業も折り返しですが、後半戦もがんばっていきます!

【お知らせ】

舘野に関する書籍が絶賛発売中です!よろしければぜひご覧下さいませ。

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 浜屋 祐子 吉村 春美 高崎 美佐 田中 聡 保田 江美
三省堂
売り上げランキング: 66,874

 

人材開発研究大全

人材開発研究大全

posted with amazlet at 17.05.24
東京大学出版会
売り上げランキング: 1,942

 

先輩約90名が1年生のグループワークを支援する!:メンター制度の導入

今年の経営学部1年生必修の「リーダーシップ入門」(通称BL0)の授業では「メンター制度」という新たな方法を取り入れて授業運営をおこなっています。リーダーシップ入門という授業は、約400人が90グループにわかれ、ビジネスプランを考えることを通してリーダーシップについて学ぶ授業です。

この授業では、これまでも2年生の「Student Assistant(SA)」を18名、「Course Assistant(CA)」を10名前後取り入れて運営していたのですが、ここに「メンター」という役割を追加しました。メンターの人数はなんと約90名です。

立教大学経営学部は1学年約380人ですから、学年の3分の1の学生(約120名)が1年生の授業運営にかかわるということになります。これはなかなかすごい規模だと思います。90名は立候補制で、1日で応募が埋まるという状況でした。

■メンターの役割とは?

メンターの主な役割は「授業時間外のコーチング」です。学生がグループワークをする上で困ったことを授業時間外に支援します。ビジネスプランを考える上でも、自分のリーダーシップを伸ばす上でも、コーチングはとても効果的です。

これまでもSAや教員が学生の支援をおこなってきましたが、クラスの学生は20名以上いるため、一人一人に対してコーチングをするというのはなかなか難しい状況にありました。

今年はメンターがいるおかげで、グループの状況を把握することができるようになったり、リーダーシップについての振り返りをひとりひとりのコーチング込みで行えるようになりました。

■メンター制度の副次的な効果

今回メンター制度を取り入れたのは1年生に対しての支援という意味もありますが、2年生自身の成長に対する意味もあります。SAやCAの制度を運営していて感じるのは、SA・CA自身もすごく成長するんですね。やはり「人に教える」という経験は、成長する上で非常にリッチな経験となります。

しかしこれまでは応募の枠が非常に狭いという状況でした。元々数年前は「SA 18名」という枠しかなく、それに対して毎年応募倍率が3倍近くという状況が続きました。そこでなるべく多くの人にこうした経験をしてもらい、それが授業をよくすることにつながるように新たな役割として、CA、そしてメンターを新設してきたという流れになります。

・SAのみの応募 18名
・SAに加えCAという役割を追加 30名
・SA・CAに加えてメンターという役割を追加 120名

■メンター制度の運営はどうしている?

90名が運営に関わってくれるのはとてもうれしいことですが、一方でSA・CAも足すと120名の学生を統括するというのはなかなか大変なことでもあります。ぼくひとりで運営するのはやはりなかなか難しいです。そこで運営はいろいろな教員・学生に手伝ってもらいながら実施しています。

まず学生の統括役として、2年生の小川嶺くんを中心にさまざまな人たちに協力してもらい運営しています。その上で、メンターに対する研修については、宇田武文先生や、4年生の浮谷優寿斗くん、3年生の野村亮介くん、2年生の小澤佑季さん、木村夏実さん、増田圭織さんなどにお手伝いいただき実施をしました。ここに名前を書いていない多くのメンターたちにも協力をいただいて運営しています。事務のみなさんにも仕事を増やしてしまっているにも関わらず、あたたかいサポートをもらっています。

正直1年目の制度であるため、いろいろなところで未整備なところが多いのが現状です。「あれがない、これがない」と言い始めるとキリがないかもしれません。ただ、メンターたちがただ文句を言うというのではなく「不満を提案に変える」というリーダーシップを少しずつ発揮してくれているのがとてもありがたく思っています。

思えば、CA制度を導入したときにも1年目は仕事が全然整備されていませんでした。おそらく当時のメンバーは大変だったと思うのですが、あのときのメンバーががんばってくれたおかげでCAという役割が整備され、いまではSAと同じ人気・倍率の役割になりました。メンター制度も少しずつ成熟させていきたいと思っています。(↓ 初代CAメンバーの写真。懐かしい!)

■今後に向けて

私が個人的に実現したいと考えているのは「学部の2年生全員が、学部1年生の教育に関わる」という状況です。こういう環境は双方にとってリーダーシップを成長させることにつながるのではないかと思っています。

より大きな視点でいえば、学部全体を学びの場にしたいという思いがあります。

学生が成長する機会は「授業の中だけ」ではありません。「授業を起点」として、「学部というコミュニティのなかで成長できる」ような環境を作れたら楽しいのではないかと思っています。

今年度の授業もそろそろ折り返しですが、よりよい授業になるようさらにがんばっていければと思います!

【お知らせ】

舘野に関する書籍が絶賛発売中です!よろしければぜひご覧下さいませ。

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 浜屋 祐子 吉村 春美 高崎 美佐 田中 聡 保田 江美
三省堂
売り上げランキング: 66,874

 

人材開発研究大全

人材開発研究大全

posted with amazlet at 17.05.24
東京大学出版会
売り上げランキング: 1,942

 

明日の授業は約600人でポスター発表!:「リーダーシップ入門」の中間発表

私が授業の統括(コースリーダー)をしている「リーダーシップ入門」(通称BL0)の授業は、明日が中間発表です。この授業は産学連携型PBL(Project-Based Learning)の形式をとっており、立教大学経営学部の1年生約400名が18クラスに分かれて必ず受講する授業となります。教員18名、Student Assistant(SA)などの授業を運営する先輩スタッフ100名以上がかかわって運営する大規模な授業です。

今年は株式会社ビームス様と連携して「プロジェクト課題に取り組むことで、リーダーシップを学ぶ」ということをしています。

明日のポスター発表では、普段は18クラスにわかれている受講生が2会場にわかれて発表をおこないます。それぞれの会場に受講生だけで約200名がおり、そこに教員、先輩、連携企業のビームス様などをあわせると、約300名になります。つまり、2会場あわせて約600人が動く大規模なイベントです。

元々私がこの授業を担当したときには、中間発表は各クラス内で実施をしていたのですが、他クラスの授業を知ることや、多様なフィードバックをもらうことを目的に、ポスター発表の形式に変更しました。変更してから今回が3回目ですね。

今年はOB・OGが参加できるようにしたり、先輩の学生がこれまで以上に多く参加できる仕組みを整えたりと、また昨年に比べて大きくバージョンアップさせました。

ポスター発表の運営チームは全部あわせると100名を超えます。その人数が複数のプロジェクトチームに分かれて準備をしています。日々、LINE、Facebookメッセージ、gmailなどのメッセージは大洪水状態ですが、それぞれのチームががんがん動いているおかげで、しっかり準備をした状態で明日を迎えられそうです。運営を支えている学生スタッフのみんな、教職員のみなさまには本当に感謝感謝です。

受講生たちにとっては、ポスター発表は最初の大きな発表の舞台となります。発表はチームメンバーが交代でおこなう形式なので、全員がプレゼンテーションを体験することになります。また、クラスを横断する機会となるので、「自分のプランと同じことを考えているグループがいる!」とか「こんなによく考えているチームがあるのか・・・」など多くの刺激を受ける機会になるでしょう。

ポスター発表は一方的なプレゼンテーションというより、インタラクティブなやりとりが多いので「これはどうして?」「なぜこう考えたの?」など、質問されることではじめて「これをもっと深めよう」という気持ちになるのではないかと思います。

うまくいくこと、くやしいと感じること、両方あると思いますが、がんがん刺激を受けてほしいと考えています。

大きなイベントを運営するのは体力的には正直なかなかしんどいですが、これだけ多くの人がかかわるからこそできる場があるというのはやはり非常に楽しいです。数百人規模の学生を相手に、数百人規模の運営チームを率いて授業をつくるのは、もはや「授業作り」というか、ひとつの大きな組織を運営しているようなかんじがします。毎回自分のリーダーシップを試されているという思いですが、よい場になるよう明日もがんばっていきたいと思います。

【参考情報】

2015年度のポスター発表の様子はこちらをどうぞ。

【お知らせ】

書籍「アクティブトランジション」好評発売中です!大学生を対象にしたワークショップのネタを探している方はぜひ。

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 浜屋 祐子 吉村 春美 高崎 美佐 田中 聡 保田 江美
三省堂
売り上げランキング: 14,558

グループワークがうまくいかないと悩むあなたへ

「グループワークがうまくいかない」という人に向けてのメッセージを連続ツイートしたのでブログにまとめてみました。一言で「グループワークがうまくいかない」といっても、いろいろな状況があると思うので、状況別に書いてみました。

グループはなかなかうまくいかないことも多いかもしれませんが、「最初からうまくいく」「最初から失敗」ということはありません!

「よいチーム」は、「どうにかよいチームにしよう」という努力を全員が最後までし続けたチームだと思います。周りの助けもかりながら、ぜひそんな体験をしてほしいなと思います!

【お知らせ】

書籍「アクティブトランジション」に収録されているワークショップの実践報告をいただきました。柴田さん、どうもありがとうございました!

カードdeトーク in NFC 多様性が「やばうま」でした
http://ameblo.jp/juno-career/entry-12275607043.html

書籍に掲載しているワークショップは、コピーしてそのまま実施が可能です。ぜひ書籍をご覧になってくださいませ。

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 浜屋 祐子 吉村 春美 高崎 美佐 田中 聡 保田 江美
三省堂
売り上げランキング: 6,676



「他にはないか?」と考える習慣はありますか?

何かのプランを考える・深めるという場合に重要な力のひとつに「他にはないか?」を考えられることが挙げられると思います。具体的には、

「何かの答えを自分なりに考えた」→「よし、これでよいだろう」

ではなくて

「何かの答えを自分なりに考えた」→「他には何か解決の方法がないだろうか?」→「あっ、これすっぽり抜けてるかも」→「ちょっと修正しよう」

みたいに考えられるかが大切になります。

学生の指導をしていると「他にはないか?」を考えずに、するっと答えがでてきてしまうことがよくあります。そういうときはグループに入って「他にない?」と聞くようにしていて、そうするとけっこうアイデアがでてきたりします。

「他にはないか?」と考える習慣をつける一つの方法は「そもそもぱっと考えたくらいではたいてい抜け漏れがあるのものだ」と思うのが大切かもしれません。いきなり抜け漏れなく考えるということはたいてい無理です。抜け漏れがあることを前提にして考えるということがまず大切になるでしょう。

また、その際、いきなりまとめるのではなく、「例えば」になるような「具体例」をとにかくたくさん出すことや、「例外になりそうなものはいか」というかんじで、自分の作ったプランに当てはまらない例をあえて考えるということも大事になってくると思います。

こういうことをまず自分一人でやれるようになることが大事ですが、もうひとつ重要なのは「他人に例外を指摘してもらうこと」です。

自分一人でチェックしきるにはたいていなんでも限界があります。自分で考えられるところまでやってみたら、ぱっとだれかに聞いてみて「抜け漏れある?」と聞いてみるとよいでしょう。そうするとまた考える糸口が見えてくると思います。

今日は「他にはないか?」と考える習慣について書きました。こういうことを日々ちょっとずつ意識するだけで深く考える練習になると思います。ぜひ意識して過ごしてみてください。

【お知らせ】

新著「人材開発研究大全」が発売されました!舘野は「リーダーシップ教育」「トランジション」「越境学習」について執筆しています。よろしければぜひご覧下さいませ。

人材開発研究大全
人材開発研究大全

posted with amazlet at 17.05.17
東京大学出版会
売り上げランキング: 3,506

「人に頼って成果を出すこと」を本当に身につけるためには?

「人に頼って成果を出す」ということはわかっていてもとても大変なことですよね。大学でリーダーシップに関する授業をしていますが、学生にとっても最初のハードルになってきます。学生だけでなく、大人もそうかもしれませんけども。

ついつい「自分がやった方が早い」と思ってしまったり、「人に頼んだらいやだと思われるのではないか・・・」という気持ちが先走ってしまい、結局ひとりでやることになりがちです。

「人に頼って、みんなで成果を出す方がよい」ということは頭ではわかっているはずです。知識としては知っています。しかし、行動として本当にできるようになるためには、体験をして実感をしないと難しいのではないかと思っています。

では具体的にどのような体験がポイントになるのでしょうか。

これは研究などではなく、あくまで私が普段授業をしていて感じる実感ですが、

・自分1人が全力でがんばってもうまくいかない挫折
・他者から助けられて心から感謝するという

という両方の体験をしたときではないかと思っています。片方だけではまだ心から信じることはできないのではないかと思います。

学生から話を聞いていると「自分がやった方が早い」という考えを脱却したきっかけとして、ひとりで全部やろうとして成果がでなかったという話はよくでてきます。

しかしそれだけでは「自分だけがんばって、他の人は助けてくれなかった」という話になってしまい「人に頼る」ということを覚えることは難しいでしょう。

それだけでなく、やはりどこかで「自分をサポートしてくれる人がいるんだ」ということに気がついていくことが大切になります。

それは「サポートを待つ」ということよりも、「自分が気づいていなかったサポートに気づく」ということでもいいのだと思います。また、どこかで「これお願いできる?」というかんじで、小さいことでいいので人にお願いしてみるということも大切になってくると思います。

その2つがそろったときにはじめて「人に頼って成果を出すこと」が腹に落ちるのかなと思います。

今日は「人に頼って成果を出すこと」について書きました。リーダーシップに関する行動は「言われてみれば当たり前」とか「知識としては知っていること」かもしれませんが、それを本当に自分の中で納得して、行動にうつすということは非常に難しいです。

そのためにはやはりさまざまな「経験」がキーとなってきます。いろいろな場に出ていって、「実感としてわかる」ということがやっぱり重要になってきますよね。

授業を作る側として、そういう経験ができる授業を設計していきたいものです。

【関連する書籍】

シェアド・リーダーシップ-チーム全員の影響力が職場を強くする
石川 淳
中央経済社
売り上げランキング: 65,455

 

 

アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ
舘野 泰一 中原 淳 木村 充 浜屋 祐子 吉村 春美 高崎 美佐 田中 聡 保田 江美
三省堂
売り上げランキング: 166,661

 

自分の文章に対する他者からのアドバイスをどのように受け取るべきか?

文章を書いたときに、だれかに見てもらうということはよくあると思います。むしろ、他人に見てもらう機会をしっかり持つということはとても重要です。

ただ、他人にみてもらってコメントをもらったときに、その全てのコメントを言われるがまま直してしまうと問題が起こることも多いです。そもそもコメントが的外れの可能性もありますし、ついつい「他人任せ」になってしまいがちになってしまいます。

「こう直したらいいんじゃないの?」というコメントは、あくまでひとつの意見であり、それを受け入れるかどうかというのは、自分の責任を持って判断する必要があります。

先日村上春樹さんの「職業としての小説家」という本を読んでいたときにも似たような話がでていました。自分が「あわない」と感じている編集者から、「ここをこうした方がよい」と指摘されたときに、村上さんがどう対応したかという話です。

結果からいうと、「短くした方がいい」と言われたものは「長く」、「長くした方がよい」といわれたものは「短くした」とのことです笑(p.166)

このエピソードは「他人の意見は必要ない」ということを表したものではありません。他人の意見は重要ではあるのですが、それを鵜呑みにするのがよいわけではないということを表しています。

「どう直すか」はさておき、「読んだ人が違和感を感じた」ということは事実です。その違和感の意図を推測しながら、自分で考えて何度も何度も書き直していくことが大事ということでした。

このエピソードは個人的にとてもささりました。

今回の話をざっくりまとめると、以下のようになるのかなと思います。

・文章を他人に読んでもらうことは重要
・他者から率直に違和感を伝えてもらい、それをしっかり聞くことは重要
・しかし、「どのように直すか」は自分の頭で考えることが大切
・「直す方向性」は自分で考えた上で、「しっかり書き直す」という行動こそが大事

自分もこういうポイントを意識して、「書く」という行為と向き合っていきたいです。

文章の書き方に関する記事はこちらにまとまっているのでよろしければどうぞ。

【大学生・院生向け】文章の読み方・書き方・考え方・発表の仕方まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133342163910863801

職業としての小説家 (Switch library)
村上春樹
スイッチパブリッシング (2015-09-10)
売り上げランキング: 5,064

リーダーシップ教育とICTの活用

先日、International Leadership Associationのカンファレンスに参加してきたことをブログに書きました。今日はその中でも「オンラインの学習環境」に関することを書いてみたいと思います。

カンファレンスで感じた感想のひとつとして、リーダーシップ教育をテクノロジーを使って支援するアプローチは思った以上に多いという印象を受けました。テクノロジー活用のパターンとしては、1.オンラインのリーダーシップ学習プログラムの提供、2.e-portfolioの活用、3.オンライン上でのコミュニケーション(skypeなど)を活用すること、などがあったように思います。

海外ではすでにそれぞれのパターンについて実践が行われ、どのような利点や改善点があるのかが議論されていました。日本と比べてここも進んでいると感じた点です。

もちろん日本の実践(自分が関わっている立教大学経営学部の事例)を考えても、ポートフォリオシステムの活用や、LINE・Facebook・skypeなどの活用は当たり前のように行っているわけですが、海外と比較してしまうとまだまだやれることがありそうです。

テクノロジーを活用した教育という意味では、私は教育工学の研究をしてきたということもあり、これまでのノウハウを活かしてリーダーシップ教育を発展させることもできるかもしれないと思っています。

なぜテクノロジーが必要かといえば、単純に仕事をする上でテクノロジーの活用が当たり前になっているということ以外にも、リーダーシッププログラムの拡大といった状況的な理由や、リーダーシップ教育における振り返りの重要性、メンバーの多様性の担保、など色々な点が考えられそうです。

テクノロジーはツールなので、それを使うこと自体が目的化するとややこしくなってはしまいますが、よりよい学びを支援するためのテクノロジーのあり方というのは、リーダーシップ教育の文脈でもキーになるのではないかと感じました。

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション
サルマン・カーン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 160,085
学習科学とテクノロジ (放送大学教材)
三宅 なほみ 白水 始
放送大学教育振興会
売り上げランキング: 1,012,149

 

海外の大学におけるリーダーシップ教育とは?:ILAに参加してきました

先日、International Leadership Associationのカンファレンス(アトランタで開催に)に参加してきました。ILAに行くのは今年で3回目です。今回ははじめて日向野先生とともにプレゼンテーションもしてきました。

3回目の今回は一番学会にきてよかったと感じました。最初の二回は海外と日本との文脈の違いなどがわからず、前提の部分で色々とわからないことがあったり、自分もまだ自分の実践について話すことがなかったりでしたが、今回は自分がどんな情報を聞きたいや、自分が話したいことも明確だったので、よりアクティブに参加することができたと思います。

ILAでは海外(特にアメリカ)の大学におけるリーダーシップ教育に関する事例や研究が豊富に報告されます。色々感じたことはあるのですが、今回はざっくり2点だけ感想を書きます。

1.アメリカではリーダーシップ教育が大学の中に根付いている

ILAに参加して思うことは、明らかに日本とはフェーズが異なるという点です。日本でリーダーシップ開発をメインにしている実践というのは数少ないと思うのですが、アメリカでは本当に多くの大学で実践されています。

そのため、「どうやって授業をスタートしようか?」といった悩みのフェーズではなく、いろんなところで実践始まっているけど、「実際効果はどうでているか」、「どんな要因がリーダーシップ教育を促進するのか」、という点までだいぶ踏み込んできているという印象を受けました。これは昨年よりも明らかにそういった発表が増えているかんじがしましたね。

あらためて「圧倒的に進んでいる」ということを感じたというのが率直な印象です。日本ではどこからどう手をつけるとよいのかということは色々と考えることになりました。

2.リーダーシップを巡るシチュエーションの違い

ILAに参加して毎回感じることではありますが、「リーダーシップ」という言葉に対する認識や、文化(?)など、前提が日本と色々異なるということをあらためて感じます。

日本人の感じる「リーダーシップ」という言葉から連想されるイメージ、そして、「リーダーシップ行動をとるためにハードルとなること」というのはやはりだいぶ違うのだろうなというかんじです。

その違いの部分がけっこう面白いポイントになるはずなので、具体的にどう違って、違うからこそどう面白いのかという部分を切り出していくことはひとつ重要なことなのかなと思いました。

以上、まずはざっくり大きな印象を2つ書いてみました。

この2つは毎年感じることではあるのですが、日本でリーダーシップ教育の実践に約3年関わってからきてみると、いつもとは違ったインパクトがありました。

やはり海外の文脈を踏まえて、自分たちがやっている日本での実践をみていると、色々相対化される部分がたくさんあります。日本よりも明らかに進んでいる実践がある中で、どのようにそれらと関連づけ、どのようにこちらの強みや特徴を活かしていくのかというのは、難しいものの面白い問いだとあらためて感じました。

具体的に色々感じたポイントについてはあらためてまた記事にしようと思います。

Exploring Leadership: For College Students Who Want to Make a Difference
Susan R. Komives Nance Lucas Timothy R. McMahon
Jossey-Bass
売り上げランキング: 144,944

「グループワークが苦手な子に対してどうしたらいいですか?」と質問されたときに思うこと

アクティブラーニングなどに関する研修をしたときに、必ず聞かれる質問のひとつが「グループワークが苦手な子に対してどうしたらいいですか?」というものです。

こう聞かれたときに考えることは2つあります。

1つ目は、グループワークの得意・不得意の差が出ないような参加の構造をつくることが、アクティブラーニングのデザインのしどころだということです。

例えば、4人グループ場合に、4人それぞれ別々の資料を配って、協力することが必要になる環境をつくるなどの方法があります(ジグソーメソッドと言われたりします)。こうした方法を取り入れると、全員が参加しやすくなります。

こうした方法以外にも、そもそも間違った意見をいっても大丈夫と思えるような、心理的に安全な場作りをするというのもあります。

全員の前で発言をさせて「それは間違っている」など恥をかかせられたりすると「だったらだまっておこう」と思ってしまうでしょう。まずは意見の言いやすい雰囲気を作ることも大切です。

このように参加を促すための仕掛けや知見は現在いろいろと蓄積されてきています。これらを活用してみるのがよいように思います。

ただ、それをするときに前提として重要になるのは「本当に学生たちはグループワークが苦手なのか?」という視点を頭の片隅においておくことです。苦手だとこちらが思い込んで、機会を渡せていないだけの可能性も検討することが必要です。

2つ目はグループワークのプロセスそのものも学習(成長)できるということです。

「グループワークが苦手な子に対してどうしたらいいですか?」という質問をする場合、全てではありませんが「苦手な子は変わらない」というニュアンスが含まれていることがあります。

しかし、実際はグループワークのプロセスそのものを上達させることは可能です。そのためには、グループワークを終えた後に、学習内容だけでなく、グループワークのプロセスそのものも振り返る必要があります。

「あのときこういう質問してくれたのがよかった」
「よい意見を持ってるから、早めに言ってくれてもいいよ」

というかんじで、グループワークそのもののフィードバックと振り返りの仕組みをいれれば、グループワーク自体が得意になる(少なくとも苦手ではなくなる)可能性があります。立教大ではこれをリーダーシップ教育として実施しています。苦手でもやれば成長するという視点を持つことが重要だと思います。

今日は「グループワークが苦手な子に対してどうしたらいいですか?」という質問について考えてみました。

前提として言えることは「その子は本当にグループワークが苦手なのか?」をまず疑うこと、そして「苦手でも上達は可能である」と考えることがスタートではないかと思います。その上で、すでに蓄積されているさまざまな技法や考え方を上手にご自身の実践のなかに埋め込むとよいのかなと思います。

「グループワークが上手になる」というのは、なにも「ものすごく明るくなる」とか「すごく社交的になる」といったことではありません。静かであっても、人と協力して理解を深めることや、物事を達成するためになにかしらの役割を担うことができればOKだと思います。

こうした視点を持っておくと、グループワークも授業の中に取り入れやすいのかなと思っています。

 

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力
スーザン・ケイン
講談社
売り上げランキング: 6,396