「時間」はあなたにとってどんなもの?「つくる」・「追われる」・「縛られる」・・・:自分に対してリーダーシップを発揮すること


あなたにとって「時間」はどんなものですか?

タイトルに書いたように「つくる」「くる」「追われる」「縛られる」など、色々なイメージがあるのではないかと思います。

先日これに関連するツイートを連続でしました。

まあ自分自身、時間に「追われること」のほうが一年のうちに多いかんじはしています笑 ただ、やはり自分のペースでよいかんじに仕事ができているときって「時間をつくる」という感覚なんですよね。

「ちょっとひまがあるから何かしよう」なんて言っていたら、結局なにもできないまま終わってしまいます。「やりたい」なら、「時間をつくる」しかないんですよね。

その時間をつくることをあきらめてしまい、「忙しいから○○ができない」と考え始めると、自分のライフに対する主体性(リーダーシップともいえる?)を失ってしまいます。ある種の学習性無気力状態になり「どうせできないだろう」というモードに入ってしまうかんじがしています。

他者にリーダーシップを発揮しようと思ったら、まず自分のライフそのものにリーダーシップを発揮するのが近道なのかなと思います。

ひまは「待つ」んじゃない。つくるの。

という、言い方はブルゾンちえみなのに、内容は「待たない」的なことが必要なのではないかと思う今日この頃です。

リーダーシップ入門 (日経文庫)
金井 寿宏
日本経済新聞社
売り上げランキング: 18,611