仕事を早く終えてでもやりたいことはありますか?:「積極的な遊び」の意義とは


最近ふと思った疑問です。

そういうものありますか?

仕事を長時間やるより、早く終わらせて帰った方がよいというのは頭ではわかっているものの、じゃあ仕事終えて積極的にやりたいものが何かと言われてしまうと困ってしまう人もいるのではないでしょうか。ぼく自身もそういう時期はけっこうありました。いまもそういうときは時々あります。

働き方を考える上で「制度の改革」をしていくことは必須だと思うのですが、それと同時に個人の楽しみもつくっていくのはけっこう重要なことなのかなと思います。

「ひまだから何かやる」というより、「ひまをつくってでもやりたいこと」を仕事以外に持つことの意義というかんじでしょうか。それは「趣味」なのかもしれませんが、なんとなく個人的には「趣味」という言葉でニュアンスが表現されていないようなかんじがしています。

「積極的な遊び」(自分で時間を作り出す感覚)の持つ意義というのは面白そうだなと思うので、このあたりちょっと考えていきたいなと思っています。

もしそういうものがあったらぜひ教えてくださいね。

遊びと人間 (講談社学術文庫)
ロジェ カイヨワ
講談社
売り上げランキング: 17,973